多感な少女の頃を思い出す
主人公のアナスタシアは、
作家の父と画家の母と共にボストンで暮す10歳の女の子。
両親がクリエイティブな職業だからか、
彼女もかなり個性的に育っています。
多感な少女にとって世の中は納得がいかなかったり、
疑問に思うことだらけ。
たとえば、
彼女が学校で書いた渾身の詩が、
韻を踏んでいないからと先生に却下されたり(私はすごく面白いと思いましたが)、
今更子供を作った両親にあきれはてたり、
ボケたおばあちゃんをどのように扱ったらいいかわからないし、
でもそれを見守る家族のせつなさに触れたりと、
少しずつ、
人生の幸せと哀しみを学んで行きます。
でも発言がいちいち生意気なので可笑しいです。
何より、
家族間の会話が楽しいです。
突拍子もないことを言い出す娘に、
正面から向き合う両親がステキ。
母親の妊娠に動揺し、
名前を決める権利を得た彼女は、
ひそかに最悪な名前を用意しますが、
ある出来事を経て、
最終的に決めた名前とは・・・。
感動的です。
シリーズ物で、
先が長いのでとても楽しみです。
ボストンという町の雰囲気と、
両親の職業のせいだと思いますが、
全体にアカデミックな雰囲気が漂っています。
Anastasia Krupnik

その他の感想

leo21
使いやすい色でした
実は 焦点や内容が分かりづらい
アリアナ・グランデ
お願いですから
純正品には勝てない
これはいいですよ!
やっぱり薄い方がいい。
科学と価値観についての刺激的なエッセイ集
物は無添加で満足、値段はやや不満
限定版と通常版のおすすめ度
どちらかというと、女性むきかも。
襟が垂れる
リフレッシュ機能がいいですね。
処置室の足台に使っています
Red 5 standing by.
治りが早い。
20世紀の生命科学書として古典に位置づけられるべき1冊
MF08にぴったり
到着しました。
サトレナのジャケ写に一目惚れ!
筆圧の強い人の味方です
こんな製品を待ってました
メイドインジャパン だけど・・・
普通のイメージDVDでした
本体保護は完璧
産卵床としてはどうかと・・・
やっぱり 受験には赤本
とても爽やか使いやすい
めちゃめちゃファンです
戻る