火山lの話だけでなく、歴史、博物誌だ
 この本はKrakatoa火山の爆発に関する話題を中心として、
今のインドネシア諸島がスペインの配下にあった頃からはじまり、
オランダのスペインからの独立に伴う支配権の委譲、
VOC(東インド会社)の設立などについても述べている。
(歴史書)

 Krakatoaが主題なので、
火山活動やプレートテクニクスなどの学術的な話も載っているが、
ウェグナーの大陸移動説、
ウォーレス・ライン、
などこれまでにあまりなじみの無かった話に触れることが出来たのが目新しい発見だった。
(博物誌)

 

 そうは言ってもやはり一番興味を引かれたのは、
Krakatoaが最初に爆発の兆候を示した1883年の5月20日(日曜日)のことや、
爆発した1883年8月26日(日曜日)から27日にかけてのバタヴィアの様子である。


 例えば、
5月20日、
日曜日の火山爆発の記述は、
バタヴィアのオランダ人気象学者、
Dr. J. P. van der Stock、
の家庭の様子を描くことによって我々にその当時のインドネシアのオランダ人の生活様式や、
植民地経営の一端を思い起こさせてくれる。
また、
8月26日の様子は、
(火山の爆発によって地下のガスが影響を受けたため)街路灯のガス灯がまるで呼吸をしているかのように大きくなったり小さくなったりしている様をバタヴィアの人々が不気味に思ったことを紹介している。


 そしてその爆発が促すようにしてオランダへの反乱が始まったという記述も、
ここら辺の話は著者のセンスで挿入したのだと思うが、
なかなか象徴的な話である。
Krakatoa: The Day the World Exploded

その他の感想

全ての音源を自動でDSD変換する音質に感動
慰安婦問題の「内と外」がわかる
チハル
ストーリーあり、リアルあり、迫力あり、感動あり
通常より丈夫な袋
物語で読む経済学史
鍵ホルダー
豊富な付属品で遊んで楽しい霧島さん^^
格安で、赤です。
手軽なシャープペンシル
硬派な観光政策論
詩人の夢
ハードカバーの本に是非
Kindle版は安くてかさばらず、捨てる手間も有りませんが、欠点も有ります。
GT6反応無し
Nature2よりも良い。
ベースがアルミならば
有名なビジネススクールの定番教科書に採用されるような本がわかりやすく解説されており、手元に1冊おいておきたいものです
マスコミには出ない情報。
初電子書籍
最近のウルトラ怪獣はホントにカッコいいですね
お話上手になりたい方はぜひ!!
最高の教科書!!面白い、読みやすい、わかりやすい
無駄使うをした感じ
いつも帰ってくる本
惜しいよ・・・。
非常に満足しています!
名盤をやっと我が手に
対応の早さに感動
TNパネルからIPSパネルに交換
戻る