日本における写真の歴史をまとめた文字通りの労作
幕末期の日本に写真が伝わってから、
今日までの日本における写真の歴史をまとめた、
文字通りの労作。

新書という形式のため、
ある部分では、
写真家の名前の羅列になってしまっているのは、
仕方ないところだろう。

しかし、
要所要所では、
個々の作品への、
その時代の評価と合わせて、
筆者の見解も述べられている。

制約の中で、
メリハリの効いた構成を目指している姿勢は、
好感できる。

はじめは、
記録としての役割が多かった写真が、
次第に、
個人の表現手段になっていく様子を、
目の当たりにできる。

写真とは、
一体なんであろうかと、
この本を読んだ誰もが、
自らに問いかけるに違いない。
日本写真史 上 - 幕末維新から高度成長期まで (中公新書)

その他の感想

在庫のあるうちに買っとくべき!
有り
興味をもって・・・
この本でいい音楽に出会えた
これは凄いかも
iPad Air 2では使いにくい
乃木坂の未来を広げる新しいWセンターのカタチ
予定よりは時間かかりましたけど
箱は大きすぎる
アイコンの状態が分かりづらい…
CD90に、、、
安いのに本格的!
どのようなレベルの読者にも合わないと思う
アメリカ映画フィルムノワールの傑作
私には品質低下に感じます(あくまでも個人の意見として)
まずまず!
大4個、小2個のセット
保管用のケースとしては上々
最後は泣けてしばし映画館から出れなかった
変態紳士同志諸君待望のBOX
十分満足
安心しておいしい焼肉だい
よく伸びます♪
きちんとやろうと思えば良い本です
おおよろこびです
二重価格表示
現在、唯一のイーネオヤ手芸本
上品な色
家族のことがもっと好きになる映画です
すっごいボリューム
戻る