とても具体的に書かれています
「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家の荒木飛呂彦氏が、
漫画の描き方の王道について解説した本。
著者が18歳のときに原稿を持ち込んだときに出会った初代の担当編集者が定年退職を迎え、
感謝の気持ちを示すと同時に、
今まで経験し学ばせてもらった王道を書いておく必要があると思ったことがきっかけだという。


とにかく、
きわめて具体的に書かれてあるのが特徴である。
マジシャンが手のうちの明かすようなことも含まれるが、
それでもあえて伝えたいという思いがあったそうだ。
「キャラクター」「ストーリー」「世界観」「テーマ」の基本4大構造を、
「絵」という最強のツールで統括し、
セリフという「言葉」で補う。
特に、
キャラクターは重要で、
著者はキャラクターをつくるときには絵にする前に必ず身上調査書を作っているのだという。


ストーリー作りの鉄則。
プラスとマイナスの法則。
絵が上手いのに売れない人がいる一方で、
絵が下手なのに売れる人がいるのはなぜか?相反する「リアル化」と「シンボル化」が両立している鳥山明先生の凄さ。
同じ絵ばかり描いていると時代遅れになる。
美の黄金比。
リサーチの重要性。
テーマには作者の哲学が出るから自分の人生に沿っているものを選ぶ。
アイデアの生み出し方。
シナリオ。
人物の心の動きを追うテクニックに優れる日本の漫画のネーム。


実際の作品を使った解説が各所に掲載されているのもこの本の魅力である。
ポイントが吹き出しで添えられていて、
実にわかりやすい。
著者の失敗談に触れているところもある。
また、
実践編として、
ネームやアイディアノートやシナリオの例、
実際の作品である「富豪村」から引用した短編の描き方が終盤にまとめられている。


漫画家を目指す人だけでなく、
漫画をもっと楽しみたい人、
映画や小説などが好きな人、
さらにはもっと広く何かアイディアを考えて形にすることを求めている人のためのヒントにもなりそうだ。
大変興味深く読めた。
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

その他の感想

**チベット死者の書の決定版**
日本現代史の一側面
第2版は,さらに良くなってます
アカプルコはメキシコの太平洋岸にある都市です
特段凄い機能は備わっていないが、欠点皆無な死角の無いアンダーウエア♪
値段相応と割り切れれば買い
畳み方が早すぎる
子供が喜びました。
読んでいて楽しい。
著者の言葉には熱いものがあるが・・
専用の商品はやっぱりいい!
工具箱、救急箱として
デザインが気に入ったら即カートへ!後悔はしません。
ブラシの形はよい
以前210gあったものから20g減らして値段を据え置いた商品
お値打
リアルに思い描ける夢は実現できる。
昔の
子供の離乳食を作るのに買いました。
取り付けできました
ノイズが乗って困っている方へ
よいパターです
明るく快適&省エネ
ここに収められた作品には容赦がないが・・・けれどもそこには真実がある。
簡単なのに可愛い
お求めやすい価格とカーアクションを凝縮してのBOXが嬉しいです!!
実においしそうなイタリア。
子供が飽きてきていると感じる
細かいブロック多過ぎ、、、
80gと100円しか変わらない(定期で1000円割れてたので再評価
戻る