LiSAが絶不調で悔しがった初武道館
会場で体感、
リリース用の映像を見た上でのレビューです。

1曲目の出だし、
あまりの声の酷さに周囲がざわついたのは記憶に残っています。


一言でいうと「失敗ライブ」、

言葉を良くするなら「絶不調をみんなで乗り越えたライブ」、

作品としてのリリースにより、
当然ながら修正をしていますので
当日の様子も含めて良い部分と悪い部分に分けてレビューをします。

個人的には「ここまで綺麗に修正できる科学って凄い」と思いました。


【良い部分】
LiSAが当日は喉の不調で全体的に掠れた声だったこともあり
音程を外さないように力を抜いて、
キーを下げ気味に歌っていました。

それが功を奏して中低音を補うような補正になっているため
普段よりも尖った声質になっていて、
より迫力があります。

わざと音程を崩して低く歌っているところもあり格好良いです。

言葉が詰まっていてテンポが速い曲は喉の不調が気にならない。


【悪い部分】
声を張り上げた際の掠れやがなり、
伸びの無さまではさすがに修正できていない。

Little Braver・Crossing fieldのようなキーの高い歌ものはファルセットを多様、

頑張って出しても音程が取れておらず、
またフェイクもしている。

曲中のポイントになるような鋭い部分は聴けないと思っていいでしょう。

MCや煽りでの地声も明らかなガラガラ声になっており
LiSA自身、
非常に辛そうな鬼の表情・歌い方をしています。


総合的に見ると、

決して本領発揮・絶好調のライブではありませんが
ベストで豪華な選曲で、
動き自体には影響なくキレキレです。

裏声と地声の音量も調整されているので当日味わった聞きづらさもないです。

しかし、
ファン目線でも肝心の歌がお世辞にも良いとは言えない。

47都道府県の全てを握手会で回り「パワーを貰う」という企画をしてまで望んだ、
歌手生命がかかるたった1日の初武道館ライブにも標準を定められない普段の言動に対する不満が周囲から噴出したのも事実、
LiVE is Smile Always~今日もいい日だっ~ [Blu-ray]

その他の感想

早急措置の水栓直しに良いかと。
ペットみたいな時計
こだわるなら純正を
CDの声がいい
とても満足でした。
生化学の詳細が細かにかつ面白く学べる。
普段使いしやすい
イマイチですが使えます。
パフォーマンスで失敗しないために知っておくべきこと。
Lvpin製でした
海外在住者ブログくらいに思った方が良い
ガシガシ遊べて造形もギミックもグッド
これも読んで損はない。
iPhoneナビのおともに
フリクションボールの最終形?これでやっと!!?4色ボールペンの登場です。
アジャイルなやり方の具体的なガイド
都内通勤者は、家を買う前にとりあえず読んでみると良いかも
フレームが
子供との遊びには必需品
自然治癒を活用する
色違いを購入しました!
安価な良品
勘違いでなんだけど
藤田 与四夫
FAINAL!
自分的には満足。軽い、安い、ただし……
今更ながらレビューです
完成度の高い万人向けのプリンター
いいです・・・・
「ニッポンの和菓子」のリミックス版です(新曲入り)
戻る