トロッタ家三代と、皇帝とのつながり
上下巻読了。

オーストリア・ハンガリー帝国。
皇帝のもとで緩やかに連帯していたて多民族国家が、
ナショナリズム(民族主義)と共産主義の台頭により、
お互いに引き裂かれて、
衰亡していく様子を、
トロッタ家の3代を通じて、
また、
皇帝フランツ・ヨーゼフ(ハプスブルク家)との関わりのなかで描いていく。


物語の冒頭は、
第二次イタリア独立戦争、
ソルフェリーノの戦いである。
スロベニア人の歩兵少尉トロッタが、
前線視察に来た皇帝の命を救ったことで、
貴族に叙せられることからはじまる。
二代目のフォン・トロッタは軍隊には行かずに、
郡長となる。
三代目カール・ヨーゼフは、
祖父に憧れ、
軍隊に入る。
親友を決闘で亡くしたり、
未亡人との恋愛・不倫、
賭け事などを経験し・・・・。

魅惑的な年上の夫人とのロマンスが、
三代目トロッタに不幸をもたらす。


ラデッキー行進曲は、
帝国内の諸民族の連帯の象徴である。
規律や忠誠、
軍隊で一番重要となる要素である。
人々の純粋さ、
貴族(騎兵)の誇り・名誉など。


初代トロッタが、
ソルフェリーノ戦いの真実について陳情する姿と、
その(誇張された)活躍が、
後の世代まで恩恵を得ることができたのは、
帝国の寛容さであったと思う。

賭博に明け暮れ、
借金の返済に追われる将校たち。
軍隊の規律が弱まることは、
帝国の綻びでもある。
戦争を経験しないこと、
すれば必ず負ける軍隊は、
必ず退廃するのだろうか。

一方で、
民族主義の高まり、
労働者の蜂起が起こり、
帝国は既に崩壊していることを、
誰もが気がついている。
愚直にトロッタに仕えるフォン・トロッタ家のジャックや、
カール・ヨーゼフの従卒オヌーフリは、
ある意味、
幸せなのかも知れない。


”ラデッキー行進曲”と、
各国語が混じり合った”インターナショナル”の対峙。

お互いの寛容で成り立つ帝国にととって、
民族主義の高まりは帝国の解体を招いていく。

サライェボ事件が起こり、
オーストリア・ハンガリー帝国の後継者が暗殺される。
その時の、
各出自による反応がなんとも言えずに哀しい。
帝国の衰退を悲しむ者、
ざまぁみろとほくそ笑む者。
そして第一次世界大戦が勃発し、
カール・ヨーゼフも、
軍務に復帰する。
ラデツキー行進曲(上) (岩波文庫)

その他の感想

じいちゃんばあちゃんから
かっこいい^^
そろそろネタ切れ?
ありそうでない世界観
本当に良くできていると思います…様々な音源の持つ情報量を全て引き出してくれます
楽しみ!!(>人<;)
天上の歌唱
用途を間違えました
自衛隊密着ルポ
いいものに出会えた
大きさが???
冷房対策に便利でした。
ケースなんとかならなかったんでしょうか?
The color is fading away.
少し古くなりましたが
改造したら、よくなりました。
骨盤がゆがんでる人には効くのかも
食器の梱包に!
関ジャニ∞大好きな娘の母です
使用してみての感想
職業会計人として必携の1冊
映像力
暖かい
ウイングスの傑作アルバム最新ヴァージョン、気になるDisc-2 を解説
ルカルカ☆ナイトフィーバー
デザインも色もきれいですが、着やすいTシャツなので、普段使いに!
SWING?
横幅がちょっと難あり
商品はいい、しかし、サービスが酷い
手間の割に。。。
戻る