現実の凄絶さに涙
約2日で読んでしまいました.事故の状況等は色々なメディアで知ることはできましたが,この本では,その時間は序盤のみで終了しております.その後は,国民航空と被害者遺族と,そして被害者のやり取りで構成されております.僕自身,その大部分をこの小説で知ることができました.すべて真実かといわれると,それはわかりません.でも,それに近いことが20数年前の熱い山の中,そして体育館,被害者遺族の家で展開されていたのでしょう.体制が腐敗し,真実を見ようとせず逃げる航空会社,逃げようにも逃げられなかった123便の乗客,そして,何年たっても風化することの無い悲しみから逃げられない遺族の描写にとても衝撃を受けました.上辺だけの謝罪,安全への約束はもう通じない.

航空業界を題材にして,最も大切なものは何ということを何度も何度も考えさせられる一冊です.
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)

その他の感想

ないよりはあったほうがマシ
ゲームは申し分ない。が、
残念かも
ぶっとび麻雀漫画ここに終幕・・・なのか?
細かい不満はあるものの、概ね満足です
なくしてからその重要さに気づく一品
概念が掴みやすくわかりやすい
オススメです◎
諦めていたベルトがよみがえった。
来客した友人の寝具として活用しています。
Scratch2.0に対応したノウハウ満載のプログラミングガイダンス
大自然を感じられる素敵なCDブックです
本年のベスト1アニメです
ダークニンジャ側のストーリーが展開
体温と同じに
単行本もこれで管理作成出来ました!
クロエ先輩の罪。
いい意味でも悪い意味でもマンネリだが面白いことは面白い
力作ではある
これのお陰でホームラン!
重い
Windows10でも使えます。
カレンダーが楽しみで
「初学」から「一定レベル」へのパスポート
堅い木には向かないです
すばらしいとしか言いようがない
(バカらしい価格の)メダルをあきらめて購入しました
ずっとマカフィー
義父の父の日の贈り物に
最後には、ほぼM字開脚のような
戻る