The life of Stoner
Stoner は1891年、
ミズーリの貧しい農家に生まれ、
幼いころから畑仕事を手伝う日々。

学校の成績は良く、
1910年、
19歳で、
近くの街に新設された農業大学に薦められて進学する。

農業を学ぶはずだったが、
必修科目にあった英文学との出会いが、
その後の Stoner の人生を決することになる。


第1次大戦、
第2次大戦の時代を背景に、
苦学生時代を経て、
助教授となり、
死の直前まで学生たちと関わる Stoner の生涯が描かれる。

若き頃の友人関係、
真摯に文学を学ぶ歓び、
教師となって文学を教えることの充実感、
大学という組織の実態や教授たちとの確執。

ファースト・インプレッションで結婚した妻との一生続く齟齬、
一人娘との静かな温かなひとときや続いて訪れる喪失感。

一方では農作業に明け暮れて亡くなっていった両親や彼の幼いころを育んだ大地への思い。

そしてStoner がもっともときめいていたのは、
彼が指導する講師の女性との間に生まれたともに学ぶ歓びと一体感が深い愛になっていったとき。


物語は概して淡々と綴られ、
「Stoner の人生は悲しく辛いものだった、
と読者は思うかもしれないが、
」と作者はのちのインタビューで
語っている。
重要なことは、
Stoner の仕事に対する想いである。
教えることは、
彼にとって言葉を尊ぶことであり、
彼の存在そのものを
確かにすることである。
根底にあるべきなのはものごとに対する愛なのだ。
何かを愛すれば、
それをさらに理解しようとし、
そして理解すれば、

多くを学ぶことになる。
この愛が欠落していると良い教師とは言えない。
その意味で Stoner は真のヒーローだったと。
彼はよき人生を送ったのだと。


そしてインタビュアーが最後に、
”And literature is written to be entertaining?" と念を押したのに対して、
作家はこう答えている。

”Absolutely. My God, to read without joy is stupid." 

著者 John
Stoner

その他の感想

意欲は凄かったが空回り(’・ω・`)
スチールベースパラソル用はしっかりとしている
モダンホラーの世界へようこそ
岩波文庫誕生から10年余り
USB A(オス)‐USB A(オス)
具体的かつ詳細!
説明が少々分かりにくいです
構成はシンプルだがリンクが張られていて関連項目を検索しやすいのが特徴。内容は高度。
心が満たされない日本人
紅茶好きの友人にプレゼントしました
道具を大事にね
ノーヘルで昔を思い出した
むづかしい
正直TV視聴とかは不向きだけど
生き方を見直すきっかけをくれました。
5巻まで読みました
本の内容自体はとても良かったです。
サイズは小さめだが対応は◎
薄すぎる
ようこそブレイブリーデフォルトの音楽の世界へ
横幅狭め
次の日まで臭わないと思います
塗りやすくてgood
基本のポイントは広く網羅していると思います
熱意は解るのだが、書籍としての品質に問題がある
まじめに笑える下ネタ名言集
格の違いの判る機能性抜群のダウンジャケット。
香ばしくて美味しそう
想定外の爆音です!
座り心地が良く、今まで使っていた椅子が安物だと思った
戻る