感動的(酷さの)2話
本来、
この手のものは1タイトルごとに1レビューなのですが、
この巻に入っているであろう9、
10話は
大物原作付きタイトルではあるまじき度を越した酷さだったので記念する意味を込めてレビューします。
ここは譲れません。


これまでもこの作品は原案、
演出、
脚本の腕のせいか非常に粗が多く、
正直な所褒められたものではありませんが、

この酷さまで来ると、
個々の要素として雑だ、
出来が悪い、
とかそういう次元ではなく
それらが噛み合う事で負の相乗効果が生まれています。


9話の見所は他の方もレビューしてますが、
そのシーンでは付け加えるなら危機感をもたらす演出が何一つされていない所や、

提督がそもそも全く活躍どころか姿だってマトモに出ていないのに、

提督がいなくなる事が引っ張りとして通用すると思っている話の展開考えている方のモンキー度もデカいです。

こちらが混乱していると相変わらず棒立ちばかりの絵コンテや、
明らかに本編では無能上司と出撃できないお陰でイメージ被害担当艦No.1の長門が読む
提督カッコカリの残した作戦カッコフリでカオスが加速して、
こいつらもしかして無能な提督を消す為にわざと招き入れたんじゃ…!?
と思えてしまう程で制作側の正気を疑いました。


他にも誰が考えても見せ場であろう改二の扱いが、
吹雪に葛藤と見せかけて他の艦娘を馬鹿にした思考をさせるだけの道具になってたりと
見所満載です。


そして10話のあのシーン。
たった1分程度ですがこのアニメの悪い所が集約しているシーンだと思います。

まずそもそも唐突すぎでしょこの話の流れというジャブから入って、
提督が何故吹雪を選んだのか
驚愕の真相を吹雪が語ると最早ホラーです。
それを何とも思わず肯定し、
受け入れる吹雪も正気には見えません。

この何か人間関係を受け入れる時の唐突さ、
フォーローのない会話、
ていうかこれでなぜ吹雪を選ぶのか?の回収だと思ってる脚本の狂気度
いきなり出てきた昔のオッサンが考えそうな安直なイケてる酷い絵(今時東京タワーっておい)がついでに世界観も破壊して通り過ぎていきます
【Amazon.co.jp限定】艦隊これくしょん -艦これ- 第5巻 限定版 (描き下ろしイラスト「島風&連装砲ちゃん」特製フレーム付) [Blu-ray]

その他の感想

良く曲がり、良く粘る!!
ディモールト美しい!
サンプル画像と違う
コスパ最悪
奥行き
シンプル操作
大きくて後ろが見やすい。
ACアダプターが6個装着可
良いコンポですよ。
これでしか起きられません
よい買い物出来ました
スマホデビュー前の優秀な体験、かつDCDアイカツ!の強力な助っ人です。
解像度は2048x1152(16:9)~800x600(4:3)まで11段階対応しています。
初拡大鏡
デベロッパー向け?の内容もあり、いまひとつ
秀逸なデザイン
quality good
あんやねんこれ
やっぱりゴディバ
捨てました。
ばっちし!!
文字盤が大きく軽い!
どうもな〜
建築ってイイ
大量www
お薦めの特茶
NHKから届けられた宝物
可愛くて大好き!
それなりに気に入ってます。
ボトルケージの固定ボルトの頭の大きさに注意
戻る