今度のフィリップ・コトラーさんは完全カラーだ!
 こちらをご覧の方は、
もうすでにフィリップ・コトラーが誰で、
『マーケティング・マネジメント』という書物がどのような本かは十分にご存じのことかと思います。

 本書『コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版』は、
今までフィリップ・コトラー氏が改訂を続けてきた『マーケティング・マネジメント』に初めて共著として、
ケビン・レーン・ケラー氏が参加したものです。

 ケビン・レーン・ケラー氏は、
ダートマス大学タック経営大学院の教授で、
日本では『戦略的ブランド・マネジメント』『ケラーの戦略的ブランディング』(共に東急エージェンシー)などの著作が出ています。
『戦略的ブランド・マネジメント』は、
ブランド・エクイティの構築・測定・管理など、
ブランドについて幅広く、
深く、
あらゆることが網羅され、
体系化された書物であり、
本書を監修された恩蔵直人氏が翻訳されているものです。
ちなみに私は同書の冒頭25Pの「ブランディングはロケット科学ではない」という見出しが好きなのですが、
本文を村上春樹風に翻訳して欲しかった。
なお、
『ケラーの戦略的ブランディング』のほうは、
『戦略的ブランド・マネジメント』の第2版のうち、
主要な部分のみが抜粋されて翻訳されたものであるため、
しっかり読みたいという方には、
2冊揃えて購読されることをおすすめします。

 さて、
『マーケティング・マネジメント』ですが、
私の書棚には、
第7版とミレニアム版と呼ばれている第10版、
そしてこの第12版の3冊があります。
日本語版としては、
このほかに初版と3版が翻訳されています。
第7版から第10版への変更では、
サイズがふた回りほど大きくなり、
組が縦組みから横組みに変更。
監修も慶応大学の村田昭治教授から早稲田大学の恩蔵直人教授へとバトンタッチされ、
大幅なイメージチェンジがありました。
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

その他の感想

調色は中間が一番明るい
ビックリ
付属品も充実しているいい商品
作品は「大傑作」!だけど「仕様」は、まさに「ナゾラー」(笑)(8/28更新)
圧倒されてしまう詩
リマスターの効果は大,だけど…
写真で見るといいけど
また会えるとは
立ち姿に圧倒された
乗馬には今イチ、、、サイズも大き目です。
コーヒーの友
すでに同タイトルのCDやLPを持っている人が買い直す理由
このベテランの歌声、知ってもらいたい作品です
初心者キラーのカードゲーム
半年で暗くなりました。
説明文の補足
価格と品質のバランスが素晴らしい良品
全曲すべて良曲揃い!!!
論争的な「性」
良かった、電車の中で読まなくて!
あくまでも個人的意見です。
刀自体の出来は★4.問題は忍シュリケン。
不思議のダンジョン・・・
確実に良い結果が得られるカートリッジ。
値段だけが納得いかない
初めて買いましたが、、、
キャロリン・グラハムのジャズ・チャンツ
半額、送料無しでとってもいいぞ!
完璧です!
戻る