わが心に、光を投げかけてくれた物語
本が好きな人なら、
自分の人生に影響を与えてくれたり、
悩んでいた時に道を示してくれた作品と出逢った事が少なからずあると思う。
自分にとってガルシア・マルケスの作品との出逢いはまさにそれで、
その時読んだのがこの作品集『エレンディラ』だった。


マルケスの作風には、
大きく分けて2つのタイプがあると思うが、
一つは記者時代のキャリアから生まれたスタイルで、
実際の事件を基にしたり、
あるいはジャーナリスティックな手法で書かれた、
『予告された殺人の記録』や『族長の秋』に代表されるような小説。

もうひとつは、
マルケスの少年時代に祖母が物語を語ってくれた時の、
その独特の話法を小説に取り入れた幻想的な物語、
シュールなものが日常の当たり前の出来事のように語られる不思議な文体で、
その集大成ともいえるのが『百年の孤独』だが、
本短編集はそこに至る試行錯誤の過程で、
マルケス・スタイルが限りなく完成形に近づいたものだと思う。

多くの短編集と比べても、
全7篇、
いずれも奇想・幻想的で豊穣な語り口で突出している。


「大きな翼のある、
ひどく年取った男」
とある海辺の村に行き倒れていた、
翼のはえた老人を巡って巻き起こる騒動。


「失われた時の海」
海から漂ってくるバラの香りに一喜一憂する人々。
主人公が潜った海底でゆらめく、
死者たちの世界が幻想的な筆致で描かれる。


「この世でいちばん美しい水死人」
世にも稀なる巨躯にして、
みめ麗しき青年の遺体が漂着した村。
まずは女衆、
ついで男衆もその水死体の美貌に魅せられて・・・。


「愛の彼方の変わることなき死」
死の宣告をされた政治家の、
美少女との運命的な出逢い。


「幽霊船の最後の航海」
毎年、
村の沖合いにやってくる、
その村よりも大きな一隻の幽霊船。
その存在を主張する若者の声に、
誰も耳を傾けなかったために・・・。


「奇跡の行商人、
善人のブラカマン」
エレンディラ (ちくま文庫)

その他の感想

すべてのスレピストにとって有益な一冊
傷は付きにくい。
伸びてます
15円しか安くない詰替えって・・・
本人には問題無いけど
ありがとうございます還元ボトル
数珠
この本のおかげで面接がばっちりできました
RPG黎明期の傑作!
写真集のメイキングやインタビューを見れるのは嬉しいが・・・
楽しんでます。
天才!
読んでみると予想外に面白い!
「RM-1BP」バッチリです。
寸法の種類
機能はまあまあですが、なんでもう一工夫しないのという使い勝手
洗濯槽クリーナーとして
読者を馬鹿にした雑誌
ムーンフィギュアーツZEROパワー!クリスタルにメイクアップ★少女漫画なかよし版のファンはコッチかも
この値段では上出来
ドラレコ取り付け必要アイテム
WIDE(幅広)です
プレゼント用に買いました
Macヲ買って初めてのアプリです。
お気に入り
手触りよし
思ったとおりの製品
不思議なくらい良く落ちます
本当に落ちた!
PENTAX Qに是非付けてみてください。
戻る