税とは国家なり
 という至言があったが、
その国家に敢然と戦いを挑んだ一介の税理士の物語である。
主人公の飯塚氏は実在の人物で、
税務職員の退職後の利権である税理士業に民間人として携わり、
経費の算定法で税務署と争うこととなり、
それが原因で税務署に睨まれ、
数々のいやがらせを受ける。
「そんな、
バカな」と思うだろうが、
某税務課長の面子をつぶした、
というような理由が、
税務査察に繫がっていくこの業界の閉鎖性・前近代性である。
腐敗しているのは、
高級官僚だけではないのである。
税理士・司法書士・社労士といった士業は、
下級公務員(失礼)の利権の温床なのである。


 そんな世界に、
主人公は単身法律を武器として、
文字どおり不撓不屈の精神で立ち向かい、
国家を相手に勝利をおさめるのである。


 この方のすごいところは、
単に税の経理の問題ではなく、
その不撓不屈の精神で、
税務を社会的な公正さの追求手段にまで高めていくことである。
このような人物が実在することは、
国家というモンスターに、
ややもすると絡め取られそうになるわれわれの日常にとっての福音でもある。
不撓不屈〈下〉 (新潮文庫)

その他の感想

電子工作には必携
最小限で買うのならいいかも
お母さん(オンマ)のユニバーサルデザイン
プライムセールにて30580円にて購入!コスパ最高かよ!
車の気になるにおいが減りました
思いテーマですが観て良かったです
すぐに使え、延長もできました
ビギナーにこそ必要
まだ 発売前ですが……
初心者向けとも鉄板とも言い難い
フィクションとはかく在るべき、という感じ
概ねイメージ通りだけど
ふつうの人間が真似できるかは不明
ITLS advancedの最新版
可愛いけど塗装が雑。
そうかぁ。。。
アメリカの実利主義を体現したインテリアデザインの本
この著者のような人が最低の人間じゃないかしら
こりゃ暖かいっ♪
初めの切れ味はイマイチです
REGZA+タイムシフトマシン+これ
軽い
実相寺監督もインタビュイーも故人となり、悲しくも貴重なものとなってしまいました
必要なし。アマゾンに発言の自由を
防水
一目惚れです。
「血湧き肉踊らざる戦記」は世紀を越えて
安いなりでした。
弓道をやっている娘用
会計の原点に帰りたいあなたへ
戻る