うーん、ちょっと残念。
私は27年来の沢木作品ファンです。

沢木さんのエッセイも大好きです。

今回、
しばらくぶりのエッセイを読んだ感想は
バーボン・ストリート>彼らの流儀>チェーン・スモーキング>ポーカー・フェースという感じでした。

文章のキレ、
味、
ストーリーのコク、
いずれも薄味な印象です。

題材はみな興味あるものなのですが、
調味料が足りず、
味がぼんやりしている感じなのです。

文庫本になってからの購入で良いのでは・・・という印象でした。

沢木さん、
こんな感想でごめんなさい。

でも、
貧乏な大学生時代、
メシ代をケチってでもハードカバーで発売後すぐ買ってむさぼり読んだ
20数年前の沢木さんの作品はもっとエキサイティングに思えたのです。

それと比較すると・・・・です。
ポーカー・フェース (新潮文庫)

その他の感想

50代に限らず入門書として良いと思います。
大満足の攻略本。
楽しんでいます!
実は、日本映画の大きな転換となったエポック的作品。
動物好きなので
釣行時のTシャツの下着に。。
ちょっと大人っぽいおしゃぶりホルダー!
読みやすい専門書
工具無しで・・
子供がはまってました
カ-トリッジ不要でした。
空き容量40GBが心配です。
内容の確認に役立ちました。
プチトマトのコンポートを浸けているので、「仕事帰りのおつまみ」
クッションレジャーシート
首元からも見えちゃうホルターネック調デザインにガッカリ。
星5つです!
コスパが高いお勧めの1冊
丸山真男は全然「古くない」、そしてそれは「不幸」なことである。
ちょっと高いかな…
チョルスとサンシルの大ヒットラブコメ!
簡単に読めてすぐに実践できる
パズルそのもののクオリティが高いのですが…。
完璧ではないでしょうか?
貯金箱を超えて文字通り‘アート’です
むしろ国語の本質と正攻法!
拡大不可
マウスを使えるので重宝
幅広い視点からのブランド論アプローチ
逆転の1ページ
戻る