笑いとロマンスの見事な融合、“アン&ジェイク” ファン必見の一本
2010年公開、
アメリカのラブ コメディー映画。

監督は『ラスト サムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』のエドワード・ズウィック。

原作は、
ジェイミー・レイディの著書
『涙と笑いの奮闘記 全米No.1に輝いた バイアグラ セールスマン』。


ライト感覚で、
現代チックな “軟派男と自分を偽る女“ の恋愛ものかと思いきや、

予想以上に面白く、
心地良い余韻を残してくれる純愛ストーリーを満喫した。


底抜けに明るく、
お気楽主義のジェイミー(ジェイク・ギレンホール)と、

ラフな外見とは裏腹に、
内面に大きな不安を抱えるマギー(アン・ハサウェイ)が
体のみならず、
心をも通わせるまでを瑞々しく描く。


製薬会社のシェア競争を背景に、
コメディータッチで進むハイテンポな展開と、

恋人同士の葛藤を辿るメインとなる部分の融合が秀逸で、
いつの間にか引き込まれる。


医療現場の一癖ある面々、
ライバル会社の色男、
好色女上司、
兄貴命の憎めない弟……
それぞれのキャスティングに存在感があり、
作品を支える重要なパートを担っている。


多種多様なハプニングが満腹感と心地良い笑いを誘い、
重過ぎず、
軽過ぎず、

配慮されたズウィック監督の巧みな演出と相俟って、
113分間のスイートタイムが、

あっと言う間に過ぎてしまう。


それはそうと……
HD画質で観る、
アン・ハサウェイのナチュラルボディーは、
やはり美しい。

女性ならではのしっとりとした温もりが、
充分に感じ取れる。


ファンの視線を釘付けにする反面、
本作(コメディー作品)に於いて、
これ程までに
あっさりと裸体を曝け出す必要があったのか?という疑問も多少残る。


しかしながら、
本人が「脚本を読んで、
非常に感銘を受けた」と語っているように、

飾らない自分を見せようという心意気が表れ、
演技に真実味があるのも事実。


切っ掛けは唐突だが、
そこに露骨なエロチシズムは感じられない。
ラブ&ドラッグ [DVD]

その他の感想

これしか考えられないです
まさに血と涙と汗の結晶だわ!!凄い
2017年のMacbook Proでも合います
フロントとセットで(DF-02)
JUJU史上最も切ない曲
これは、おもしろい。
音質が残念!
類似品はダメです
金額と項目が多少違うなぁ
働くN女
ちょっと弱いかな?
無難な水、プライム特典や定期便との組み合わせが魅力
用途が合えば重宝するが中途半端点も
カロッツエリアDVH-P560入力用に使用
貴重な本です
良くも悪くもなし
良かったよー
「飢え」が中世に変革をもたらしたのか
安定した使用感
3Dで見たかったので
近所のディスカウントショップで見つけて7.8年くらい前から
エジプト神話短編集
いつまでこのパターンなの?
カラーページが楽しいアニメのファンブック
庫内スッキリ! 出し入れも楽ちん
ためになりました
効果はまあまあ。
これで5000円なら良いものです
洗い上がりが良い。
低周波治療器用に購入しました。
戻る