人が神に喰われる、その意味は
 本屋でブラブラしていてタイトル買いした1冊。

 博士論文をもとにした学術論文なので読みやすい文章ではありませんが、
内容的には、
シロウトにもついてゆけるものになっています。
(私は、
民俗学に興味はあるだけのまったくのシロウトです)
 「人身御供」に対し、
章ごとにフォーカスの仕方を変え、
一つ一つ確かめながら進んでゆく印象です。
よって、
若干の重複感とはしょりを感じるところはありますが、
俎上に乗せにくいテーマを、
慎重に、
堅実に論じているのでしょう。
各章の構造は以下のようになっています。

 序章で、
「人身御供」というものに対する民俗学のスタンスと、
著者の本書での立場・狙いを示し、
第1章で、
尾張大国霊神社の追儺祭を事例に、
近世の祭の様相とその変容の過程を検討することで、
「祭」と「人身御供」の関係を語る一つのモデルを提示している。

 2章以降で、
1章を基としてそこで語りきれなかった問題を、
他事例をさまざま取り上げながら展開する。

 2章では、
由来に人身御供の語りを持つ祭(それを「人身御供祭祀」と著者は言う)を担う村人達本人が、
そのおぞましい物語を受容し語っていくのはどういうことかという問題を取り上げる。
同時に、
「人柱」と「人身御供」とを区別し、
”神の食べ物”としての人身御供の意味―すなわち祭における「性」と「食(食べるということ)」を取り上げる。

 3章では、
岩手県・葛の諏訪神社の伝承を中心に、
人から獣へ、
そして魚へと変化する”贄”の変遷の過程を追いながら、
殺生を罪業とする仏教的観念の関係と、
祭の由来に人身御供の物語が必要とされるのは何故なのかを検討する。

 4章は、
近畿地方に多い「人形御供」(ひとがたごく。
人身御供の代わりに人形を供える)の祭のもつ二つの問題を取り上げ、
農耕社会にも殺生を伴う祭が必要であり、
人形御供の祭が共同体の秩序更新を願ったものではないかと述べる。
(二つの問題とは、
1食べ物で人間の形を象って神に捧げる意味、
2神前に捧げた人形は神の食べ物であると同時に直会の際には氏子、
つまり人間が食べるという問題)
神、人を喰う―人身御供の民俗学

その他の感想

音符用ペン
回し着できるシンプルさ。
早期発売に感謝。
シンプル&ブランク
内容の詳細
年末掃除の頼もしい戦友
史実でベター
基本の母音
表現の現場にある内面的障壁を見据えた良書
中国古典ダイジェスト
ユニホームにとても良い
巻末のマッサージが使える
秋口かな?
映らないときはケーブルが原因かも(端子の位置にも原因あり)
きもちよく洗えるための工夫がたくさん
税理士はもちろん、さまざまなコンサルタントに役立つ一冊。
未だつかってない
前部の縫製
生慎太郎とは無縁ですが、共感します。
親しらずの抜歯後に大活躍中。
ワッチニット
商品自体はGoo!
筒井先生、ありがとう
インフルエンザに効くと聞きました。
ガンダムハンマー
「憲法改正の真実」と併せて読むと続編のような感じでよくわかります。
まるでスタイルを崩すことのない逸品
毎度 これを 使っています
はずれ?
オジサンはすごいんです。
戻る