物語で読む経済学史
 この本の題「誰がケインズを殺したか?」という問いは、
一見してミステリー小説を彷彿とさせるが、
副題に「物語・経済学」通り経済学を学ぶ上で避けては通ることはできない「経済学史」の入門書である。

 経済学は多種多様な学説で溢れているため、
その全体像が掴み難い。
そのことが経済学の理論を深く学んで行く上での弊害になっているように思える。
だからこそ経済学史を学び経済学の全体像を掴むことは有益なことだと思う。

J・M・ケインズ[John Maynard Keynes]-経済学を学んだ者のみならず、
世界中の多くの人々が知っている偉大な経済学者の名前。

著者のW・カール・ビブンが、
そのケインズの人物像と経済理論を縦糸とし、
A・スミスやシュンペーター、
フリードマンと経済学史の巨人たちを横糸としながら物語的挿話をふんだんに織り込んで、
初心者にも解り易い(1940年代から1980年代の)「経済学絵巻」を作り出している。

経済学史(当然ながらアメリカ中心)を物語化しているため、
海外の経済学者や政治家などの人名が多く登場するので、
経済学を一から学ぼうとする人にはお勧めできないが、
経済学の初歩を学び、
これから更に知識を得ようとする人には大変お勧めできる一冊。
誰がケインズを殺したか―物語で読む現代経済学 (日経ビジネス人文庫)

その他の感想

文句なしと言いたいところだが…
充実の内容です
廃品かと
劇早!
勘違いしてました
使い分け
非常に滑りのいいマウスパッド、リストレストはちょっと堅い
短編なのが、もったいない・・・
簡単に設置できました。
エキゾチックアニマルを飼いたい人には参考になる。
半分は原作のせいだが
さすが、わくわく物理探検隊
サニートラック♪
山頭火が誘う亡き妻との思い出の旅
履く人も工夫が必要
復活!
製品は見本より顔がいい
魅惑の肉体美
毛がごっそり取れます
あとは耐久性 追加
使用済
娘の名前で銀行印
糖類の代わりに甘味料で甘さを演出した缶珈琲。
WiFi環境があれば絶対にオススメ
フライトアテンダントはお茶汲みではない
兵士の娘だけどギュンターの娘だから!
ジャニストの新たな魅力の詰まった作品です♪
面白い(笑)
柔らかいが、耐久性は?・・・
アソート確認済みの商品。
戻る