「絶対に失敗は許されない、また失敗させてはならない」
という気持ちで、
著者は論じているそうです。


なぜなら、
リニアの例に限らず、
プロジェクトが失敗に終わった場合には、

「相当の損失や負担が事業の利害関係者(経営陣、
従業員、
株主、
債権者、
取引先、
消費者等)にとどまらず、

地域住民、
納税者たる国民にまで及ぶこともしばしばである。

その被害は福島第一原発の放射線被曝や水俣病のように、
時空間を超えて後世の人々に及ぶことさえある」
からです。

とりわけ、
社会インフラのような公共性が高いプロジェクトは、

・固定投資額が巨額である、

・工期が長いため、
完成後の需要予測が極めて難しい。
また完成後に需給ギャップが顕在化した場合にも、
それを解消することは極めて難しい。

・完成後の維持運営費の大部分を減価償却費と資金調達コスト(支払金利)が占め、
利用者の値上げによる収支改善は不可能に近い。

…等の性格を有するので、
失敗は許されないのだそうです。


失敗を避けるには、
「徹底的かつ冷静な事前評価しかない」として、

具体的な失敗事例(東京湾横断道路や、
超音速機コンコルドなど)を例に、
論じています。

ほとんどの例に共通するのは、
「計画段階での安易な需要想定と甘いコスト見通し」です。


**************************
本書では、
繰り返し、

プロジェクトに必要なのは、
「目的」と「手段」だと書いています。


「目的」は、
つくること自体が目的化していたり、
幻想をふりまいたりしていると失敗します。

また、
「手段」については、
「経済性」「技術的信頼性」「環境適応性」の3つすべての壁を乗り越えなくては、
失敗します。


そのことを、

国内外の主要公共プロジェクトを評価することにより、
具体的に示してくれています。


成功例には、
東海道新幹線があります。

JR東海は、
この成功例におごらず、
今すべきことを見直してほしいと思います。


また、
失敗例には、
ドイツのリニア鉄道建設計画があります。
リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 (集英社新書)

その他の感想

出張の時につかいました。
無駄使いでした
理念は素晴らしいが
みんな若い^^
推奨ラグ幅は21.5mmか?
このバンドはかっこいい
切れ味は、まあまあ!
とてもかわいい本です
ZIPPOライターと合わせて買いました
ボトルを選ばない
知育なおもちゃでgood!
読みごたえがあります
大雪に戦ってくれました!
Nike Free5.0より履きやすい
香りが好き♪しっとりすべすべ
スムーズに入ります。
サントラプレゼントキャンペーンのために購入
単独のDACとして使用しても素晴らしい
迅速な対応でした!
まるで目の前で歌っているみたい。
顔のウクレレ。
自作フェンダレスに最適
美しい写真と実用的なアドバイス
ラッキーでした。
一家に一台必需品です。
課題は耐久性
ものづくり自動化のための図解集。自動化エンジニアを目指す方向け。
無いなぁ……と思って4個入り買ったらすぐ後に入荷してたよヽ(`Д’)ノウワァァァン!!
ちょっとした予定のメモホルダー
なんか被ダメージの感覚がないのが気になりました。
戻る