吟遊詩人を想わせる作者の境遇・思想の変遷を辿れる多彩な中短編集
表題作の他、
「蜘蛛の巣」、
「四月、
ある愛の物語」、
「ファルメライヤー駅長」、
「皇帝の胸像」の全5つの中短編を収めた作品。
この中で、
冒頭の「蜘蛛の巣」が全体の半分弱を占める中編で、
残りが短編という構成となっている。
作者が放浪(亡命)のユダヤ人作家であり、
1939年に亡くなっているという点が全体(特に「蜘蛛の巣」)に影響を与えている。


「蜘蛛の巣」は、
敢えてドイツ人青年を主人公(狂言回し?)として、
ドイツの権力側の立場からのナチス台頭の過程とそれがもたらす悲劇・恐怖をジックリと描いた重厚な作品。
ごく普通の貧しい青年(退役大尉)が、
金銭・名誉欲とそれが満たされない不満とによって、
次第にナチズムに染まって行く過程を生硬いが簡潔な筆致でリアルに綴っている。
作者が当時のヨーロッパに絶望していた事も良く伝わって来た。
一方、
他の4作は趣きがガラッと変わり、
吟遊詩人を想わせる作者の詩情性・自由闊達さが、
才気と適度なユーモアを持って語られる。
「四月、
ある愛の物語」は、
ブラッと訪れた小さな街の人間模様を点描したものだが、
テーマを一言で言えば、
「人生、
捨てたもんじゃない!」である。
数点の挿絵も挿入されており、
洒脱かつメルヘンティックな出来に仕上がっている。
「蜘蛛の巣」との共通点は、
結末がカフカ「アメリカ」の冒頭を想起させる事で、
これは偶然ではあるまい。
「ファルメライヤー駅長」も大人のメルヘンを(戯画的に)扱ったものだが、
展開がやや単調か。
「皇帝の胸像」は、
第一次世界大戦後のハプスブルク家の没落(民族自決主義の台頭)を背景に、
所謂「noble obligation」を遵奉する老伯爵のドン・キホーテ的言動を通して、
時代が変わっても変わらない民衆(多民族)の逞しさを謳い上げた佳品。
特に後半は警句の塊と言って良く、
作者の信条がストレートに伝わって来る。
表題作は、
ある酔っぱらいに起こる奇蹟の連続とその顛末を描いたものだが、
作者自身の自画像と言って良いのではないか。
見かけとは裏腹に悲劇性を強く感じた。


各編は発表順に並べられている由で、
「蜘蛛の巣」と中間の3作、
そして表題作との間の作者の境遇・思想の変遷が窺える。
作者の作品は初読だったが、
貴重な作家を発見したとの思いを抱いた。
聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇 (岩波文庫)

その他の感想

想像以上にひどかった、、、、
これ以上日本の企業極秘
美しい!まさに「聖なる調べ」
プロダクトキーが削られていた。
ちょっと懐かしい感じ
「謎はすべて解けた」で次巻へ続くだったらいいのに
購入方法で機能が異なる点に注意すべき
予約注文。商品到着済み
落としたら割れやすいのが難点
組違いは「仕様」に変更されました
メーカー直販より安い
名前シールが4枚分しか入ってない
つなぎやすい
怖ろしい
やるきアップの必需品
カットしすぎじゃないの?
練習場の良き友
スッキリ収納♪
火力も強い。
国内製造は
取材記が秀逸なノンフィクションとなっている
みかこ
製品はグッド!文章がおもしろい!レビューは裏がありそう
ちょっと大きかったみたいです
計量は面倒!でも風呂上りの暖かさの持続は高くてビックリ!
うすーいカレー。
なり
不良内容が不明
ん〜普通?
使用感注意
戻る