筋骨格系の臨床家にはおすすめ
トリガーポイントの有名な本です。
職場の整形外科で参考にしております。
個別の筋ごとに非常に詳細に記されています。
日本語の翻訳盤がでていますが1steditionを翻訳したせいなのかどうかはわかりませんが、
この原本のほうが詳しく記されています(翻訳本は高いですし)。
どのようにTrPを形成し、
筋のどこにTrPを形成し、
その関連痛のパターン、
日常でどのような事を気をつければよいか、
またその筋をどのようにストレッチすればよいか、
など非常に事細かに記されています。
整形外科医、
PT、
あはき師、
柔道整復師また歯科医師にもお勧めです。
顎関節周囲の痛みに関しても多くのページを割いています。
1000ページにも及ぶ分厚い本で、
この作者の努力はなみなみならぬものを感じます。
Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual

その他の感想

月600円で持てる、それでいてフリーダイヤルできる。
スズキ・ハスラーに4個取り付けました。
組み立てのコツなど
サイズが小さかった
冬期五輪
読んだモン勝ちの本でしょうか
風化風葬
価格以上の価値に毎日満足
役にたちます
大好きなストーリー
流石イギリスの大家
7分なんて、あ!と言う間なので(^^;)。
くせのないつけ心地
折りたたみ式車載スコップ
イチゴ咲かなかった
ブルーレイとしては…
ステンレスツールボックス
良いのですが・・
時短できる
あまり出てない本ですが
(個人的には)キング最高傑作
冷静な中国人論
解ってはいるのですが…
注釈充実、でも…
監訳者の責任
200サイズのダンボールは使えます。
値段の割に良いと思います!
バクマンと比べるな! 間違ってる!
良書ですが、読む順番があるかもしれません・・・
ヤバいです。
戻る