これはブラームスの作品です。
作曲者の交響曲第一曲目。
何事にも慎重なご本人らしく行ったり来たり紆余曲折の上、
21年かけて仕上げた。
「ベートーベン第十番」という評価がある。
誰しも尊敬する人間に例えられるのは悪い気はしない。
「私もようやく尊敬すべき人においついた」という感じか。
しかし、
よくよく考えてみればこれほど馬鹿にした評はない。
聞こえはいいが、
悪く言えば「あんたのやっていることは、
しょせん先人の二番煎じ」とでも言うか。
そして、
ご本人も先の評価にまんざらでもなかったらしいのでナオサラ始末が悪い。

しかし、
出てくる音は紛れもないブラームス節。
耳触りは良いが、
よくよく聴くととんでもない仕掛けが施されている。
たとえば三楽章。
牧歌的なのんびりした旋律だが、
全部で五小節使っている。
大きな拍子をとれば、
五拍子だ。
そしてその次の受けの旋律は四小節。
これはこの時代にはあるまじき手法である。
それをうま〜くカモフラージュしているのがこの人の真骨頂であろう。
先の四楽章など、
展開部の最高に盛り上がるところなんぞは、
まさしくシンコペーションの連続。
何が何だかわけがわからなくなるところを、
紙一重のところでちゃんと聴かせている。

そんなわけで、
「偽装保守」てんこ盛りの一曲です。
もっとも、
当時の「真の前衛」でなければ今の今まで聴き継がれてこなかったわけで、
偽装というより「欺装」のほうがよいかもしれない。
是非目でもご確認ください。
お勧めです。
スコア ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 作品68 (Zen‐on score)

その他の感想

中上級者向け。
普段着にはいい!
理解しにくい
旅の整理用
内容は◎。でも、映像は傷だらけ。
インテリアって・・・?
よく見えます!
実際使いました!!・・・でも、CD欲しい。
思ったよりクッションがあります。
ほんものだったので、ホッ(#^.^#)
とりあえず効きます
渾身のライフワーク完結
「日本の食文化」が倫理的であることを願う
確かにホースの継ぎ目はねじれません。
中古?返品された商品?
いなば最高
秒針音に過敏でなければ
めちゃくちゃ便利!
豪華な見栄えの割りには単純
超軽量!
オシャレな人から見れば、こういう展開になりがち
初めは問題なかったのですが・・・
タイカレーのような風味です 激辛ではありません リゾットはしっかりと芯が残る仕上がりです
濃い香りがします
ロキソニンの服用回数が減りました。
総重量10kgくらいまでならいいかも
USB差込口がとてもキツい
スカルプD ヘアカラー
万年筆がほしくなる!
ちょっと持っていくのに便利
戻る