塩野七生らしい本
ルネサンスとは何であったのかについて、
対話編で語っているように見せかけて実は塩野七生が一人で話している本。
イタリア・ルネサンスをフィレンツェ、
ローマ、
ヴェネツィアで、
それぞれのルネサンスについて語っている。


本書は非常にざっくり切りすぎているのが美点でもあり欠点でもあると思う。
まず、
そもそもなぜイタリアでルネサンスが真っ先に発祥したのか、
なかでもフィレンツェが先駆けたのはなぜなのか、
について非常に熱く語っているわけだが、
「ネーデルラントについてはどうお考えで?北方ルネサンスも同時期ですよね」という疑問は当然わいてくるわけで、
彼女はそこを当然のようにスルーしてフィレンツェ人について語っている。
まあイタリアについての本なのだからスルーして当然と言われればそれまでなのだけど、
一言くらい触れてもよかったんじゃないかとか、
一旦惚れるとその人(民族・団体)しか見ないのは悪い癖だなとか、
読者としてもどうしても考えてしまう。
その他、
細かいところで「そこばっさり切っちゃうのは立体的な歴史像としてまずくないか?」というのは、
実は多数ある。
だまされないように、
というと言葉は悪いが、
他の著者のルネサンスの本を読む必要はあるだろう。


それでもやはり本書はおもしろい。
たとえば、
ルネサンスの走りとしてノルマン朝の神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と、
聖フランチェスコを挙げていた。
前者は比較的見る名前だが、
後者を挙げている人は見ない。
しかし、
理由がしっかりとしていて、
なるほどと思わせられる。
フィレンツェにしろローマにしろヴェネツィアにしろ、
興亡の歴史に民族の特質をしっかり織り込んでおり、
いつもの塩野節を聞くことができるだろう。
他の方のレビューに「気質に逃げられても」というものがあって、
それはそれで納得できる話だが、
そういう人は塩野七生の本と徹底的にあわないので、
今後一切避けるべきだと思う。
民族には魂があり、
それが栄枯盛衰を左右するというのが彼女の基本思想であるからだ。
ルネサンスとは何であったのか (塩野七生ルネサンス著作集)

その他の感想

カワイイ♪
純正品にひけめを感じない製品でした。
仕事に使うために
西方設計の願い 万人にとっての高性能住宅
Unityの解説本ではなくて、オンラインゲーム作成に関しての本です
ファイターパイロットならではの内容です。
各専門家が執筆したわかりやすい入門書
楽しく勉強できそうです。
内容の濃い実践的トレーニング書
ちょっと期待しすぎました。
サインボール
Beautiful book!
色々な点で面白かったです
小さいですが
純正カバーの代わりに最適
目の保養、かつ実用的
DVD3枚の価値あり。
現代にもあてはまる日本社会の病理
小銭入れが使いにくい
超 安全設計
購入理由
ウルサイ!
こどもの入試用に
届いたその日からみんな夢中
ORCIVAL 人気が出てきてますね
水耕栽培入門としてはまずまず
RUP2冊目、3冊目におすすめ
一年半、野ざらしで使用。穴などなし。
リーボックはやはりいい
Xbox one 北米版
戻る