「傾聴と発問」実践の村田先生の教科書。
「傾聴と発問」とは終末期医療で患者の心をケアする方法論の一つで、
話すと気持ちが整理でき、
話すと落ち着き、
気持ちが整理できる、
そういう状態へ患者を導くにはどう聴けばいいのかという実践的方法で。
村田先生はこの権威である。
朝日新聞の記者で自らもガン闘病体験中の方のエッセイで先生の名前を知り購入。
実践に関しては後半に少し。
それ以外は概論・講義内容的内容です。
やや理屈っぽくて疲れる。
実践編の話をもっと読んでみたい(一歩誤ると宗教ですなこの方法論は)。
ケアの思想と対人援助―終末期医療と福祉の現場から

その他の感想

子供がADHDかもしれないと悩んでいる親にとっては救いの一冊となるかも。
ほかのレビューどおり。
なかなかの履き心地
ケーブルを伸ばさず、その場でUSBを4分岐できます。デスクトップPC、ノートPC、切替器と、色々使い回せて便利。
DR8ES → DR9EA
出口、出口うるせ~な~ そんなもんあるわけねーだろ!という方に
従業員向けの教育テキストとして
柄と色が多様なら・・・
切なさのある言葉たち。
用途をよく考えて購入されることをお勧めします
品質そのものは良い。
これであなたも巨災対
初めて購入 濃いですね
ふわふわしていてあったかい
あの興奮を自宅で!!
ダンブラウンすごい!
年賀用に買いました
安いけど良いもんだ!
メーカーは同じですがブランド名に注意を
思った以上に良い
フィルム貼りが下手な人は買わないように。商品自体は最高レベル
スーパーで買った方がずっとマシ
期待を裏切らない商品だ
しまったぁ
リラックマはそんな知らないのですが可愛くて買ってしまいました
A4〜A7まで、便利
こんなもんじゃないすか。
100シート!
身障・精神といった分野を超えて臨床で役立つ本だと思います
ゆったり着たい方はワンサイズ大きめを
戻る