スピードダウン
2巻目は、
ジャックライアン大統領が30年前に行っていた工作と、
現在のウクライナを交互の視点で描いている。


ジャックジュニアは、
謎の暗殺者「天頂」を調査するためにいろいろと行動を起こす。
しかし、
それは実は父の時代より秘匿されてきた秘密に触れることとなる。


一方、
ウクライナではロシアに秘密裡に煽動された暴徒が、
クリミア半島のセヴァストポリのCIA秘密施設への攻撃を開始。


施設要員を救うため、
武装したオスプレイが救援に駆けつけるが・・・という話。


1巻に比して若干スピードダウンしてしまい、
緊迫感が薄れてしまっているが、
まぁそれは仕方ないかもしれません。


今後刊行される続巻を待ちたい。


現在のロシアはすでにクリミアを強制的に割譲してしまっている。
ウクライナ東部も危うい状況ではあるが、
欧米の経済制裁がロシアを打ちのめしているのが、
2015年1月の状況。


独裁者は、
往々にして国難に瀕した際は、
外国に責任を転嫁して難局を乗り切ろうとするもの。


今後、
欧州がどうなっていくのか興味深い。
米露開戦2 (新潮文庫)

その他の感想

やや大きい。
つないだだけ
Dockケーブル非常に良し
当たり前を言葉にする大切さ
シンプルで充分
トイレの匂い・便器の黒ずみ対策に【追記あり】
重要な転機を迎えるシリーズ第8作
効果は2日間
欧州スペイン・仏盤4K UHDにはなぜか日本語収録有り
本当に早い!
クイックリリースシャフトが黒でなくシルバーだった。
おいしすぎる、からすぎる!
心の視界が広がる本
ラジオペンチって、意外に必要ですよね?
動くけど
ベース用や部分用に便利(ざっくり向き)
KEIANタブレット用に
特に時間のない方には良書
こういう3D化はすばらしい。
武道を考える
1箇月で冷蔵庫の故障
嫌にならない
今年のは、あんまりね・・・
造作は大変良い。
胸がジーンとしてしまいます。
ケーブルならパーツ扱いで十分です
若い手づくり好きの方におすすめします
水と緑がものすごくきれい
サイズジャストフィット
今世紀の終わりには、「不思議でもなんでもない話」になっているかも・・・。
戻る