よくある並みの作品・・・
☆あらすじ☆
 地下鉄車両123便とその乗客を人質に莫大な身代金を要求する犯人一味。

オペレーターを担当していたウォルター・ガーバーが交渉を任される。
目先の
小細工が通用しない知能犯との言葉による戦いが始まる・・・。


 デンゼル・ワシントンがクールで頼りがいのあるいつもの雰囲気とは違い
おっとりした役どころを演じ切っています。


 知能犯としてのジョン・トラヴォルタ。
口髭をたくわえ、
銃を片手に荒々しく
交渉する姿は普通の知能犯とは異なる感じが見受けられます。
つまり、
暴力的な
側面も持ち合わせた知能犯ということです。


 そのような最高に扱いにくい犯罪者を交渉を通じて、
どう料理していくのかが
今作が描くべきものだったと思います。

 
 しかし、
頭脳と知略がぶつかると宣伝している割には交渉もそこらの刑事ドラマ
などで見かけるありきたりなものでした。


 犯人側に暴かれたガーバーの秘密もどのように物語に絡んでいくかと思ったら、

特に話に密接に関わってくるものでなかったり、
伏線の回収が雑です。


 動機もいまいちよくわからないですし、
結局何がしたかったのかも曖昧(多分、

ニューヨーク市場の株価暴落による個人的な復讐だと思いますが)でわかりにくい。


 
サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション [DVD]

その他の感想

よくわからない。
挿絵も多いです
内容的には5つ星に近いが。。。
スアレスは理解しなくていい、楽しめばいいのだ
インプレス社のステマさん達が結構潜り込んで売られている本ですね。
内側の毛がくっつく
値段の割にイマイチでした。
蓋が取れやすい。
2週間ほどの使用で逝きました
デザインはいいがすぐ壊れそう?
お礼申し上げます。
ちょっとお求めやすいかも
リピありです。
いいマザボですね
おかしなお辞儀
日本はなぜ核武装しなかったかが分かる本
普段使いで最高のティッシューはエリエール
汚れもクリームも落とす定番品
ボタンが少し押しづらい
公開名: ネコタタラオ
フルとシャカシャカと音がします。
評判どおり大変良く、気に入りました。
私には「未分節」世界が、そこに「分節」されて、「ある」。
無風もしくは微風のビーチでしか使えないのでは。
Everyone Should Read This Book!
一番わかりやすいタロットの本
傷が
小学生が使ってます。
進化している木のおうち!
15年以上使用しています☆
戻る