「それでも前に進む」のか.
「土地に対する愛着が強い人々なのだ…
歴史の中で、
日本人が国を棄て流浪の民に
なったことはない」と著者は言う。

確かに、
そうだ。

私もこの国で生きていたいと思う。

日本の巡る四季が好きで、

「あうん」で伝わる日本人が好きだ。


それなのに、

3.11….あれから4年が経とうとしている。

何が出来たのか、
私は疑問ばかりが募っている。


 今も震災で亡くした人々の言葉は重い。

私は、
ただ寄り添い聞くことしか術がない。

本書は語る―
「あなたを見守っていると示してあげる事が必要なのだ。
」 
著者に背中を押され、
「それでも前に進む」のかと噛みしめる。
それでも前へ進む

その他の感想

使い始めると必須!
ビールがうまい!
洗濯と乾燥機の前後で印象が違う
お友達
飽きたつもりが全然飽きてないことに気づいた1枚
持ち歩きに適した本
かなりおすすめです。
子機の機能がしょぼい
アイススケーターとは?と再び考えさせられた
確かにこれだけではフランス語は出来る様にはならないが....
部屋着として使ってます
最高だけどサイズがもう少しほしい
多少の加工で充分使えますよ
軽くて便利です。
ネットと同じ!!!
物は非常にいいです。
大き過ぎた。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
常用してます。
職場用で
普通に可愛いです。
萩原が満載です。なので萩原好きにオススメできる巻です。
少ない欠点を気にしなければなかなか良い商品
四国の自然と「お遍路さん」
付属の電池はすぐ捨てましょう
見たままの商品です
ちいぽぽちゃんの必需品
子供と関わる親、指導者、先生全てに読ませたい。
痩せたい(>_<)。
中学生の息子が、かっこいいと気にいってます!
長さのバリエーションあったらいいな
戻る