『知の世界遺産』
 本書が持つ意味は数多くある。
第一に『エピクロス哲学の原子論的自然観』を述べていることである。
エピクロス哲学というのは快楽主義が有名だが、
実はそれだけに寄って立つものではなく、
『原子論的自然観』(以上二点扉書より)が、
もう一つの基盤として支えているものなのである。


 第二は原子論的自然観の骨格となっている「因果性」を駆使し、
世界を眺め、
そして記されているということだろう。
ここで「因果性」という語を用いたが、
本書は、
「因果律」といえるほど徹底した「自律」を「因果」思考プロセスに込めているとは感じられないので、
「因果的性格」すなわち「因果性」と書かせてもらった次第です。
念のため。


 さて、
このような書物を残したティトゥス・ルクレーティウス・カールス(B.C.94?-55)は、
古代ローマ時代の詩人・哲学者であった。
残された作品は僅かだが、
それとは裏腹に影響は大きい。
古代ローマの文章でもよく触れられているし、
何よりコンスタンツ公会議の際、
ポッジョ・ブラッチョリーニによって再発見され、
ルネサンス世界に起こったインパクトは見逃せない。


 さらに、
小生感ずる最大の意義は、
因果性思考の「力」である。
訳者は“まえがき”冒頭で『これは二千年も昔の素朴な自然科学を伝えている作品である。
』と述べているが、
小生はそう思わない。
なるほど「数学」も「ボーアモデル」も「周期律」も知らなかっただろうが、
現代の科学“現場”におけるルクレーティウス的因果性思考は、
『観察と考察』の場面で、
似通ったパターンとして現れているからである。


 アイテムの違いは、
本質の違いではない。
差異に注目するよりはむしろ、
二千年前の思考パターンと、
現代の思考パターンとの共通性が意味する、
「思考パターンの持つ時間の突破力」という点にこそ、
『狂者となり自殺した』(本書p320要約)とされる著者の、
偉才が輝いている気がするのである。
物の本質について (岩波文庫 青 605-1)

その他の感想

対応の丁寧さと迅速さに感謝
ドライキャビ
締め付けの強いのですがhdの弱い私でも大丈夫でした
ちょっと大きすぎましたが
かなり頑丈
不安を煽るレビューに惑わされないでください、私が見た限り高画質でした。
値段上がりすぎ
電動ポイントEP718-15が3本付いて6800円は良心的
迅速・誠実・安価
ほろ苦くて甘く、いい香り。
翌日到着。
通気性抜群です
やっと出会えました
落下防止効果満点!・・・その分、付け外しはすごぉーくカタくて大変
分かり易く、読み易い一冊です。
買ってよかった!凄く参考になる良い本です。
オシャレキャンプに使えます
サイズ・色・デザインは気に入ったけど・・・・
これは掘り出し物、とてもナイスな編曲、アンニュイな歌姫登場
とってもかわいくて大満足でした。
神と人間、霊界、運命などすべての答えがここに
カートリッジには戻れません
タイプ感触はこちらがベスト!
縁台と色が違いました
DXドライブドライバーとの連動が少し難しいです。
僕的には? 息子的には!!
園児には大きいかも?
いきなりボルトが飛んでいきました。雪を排出するところのですけど値段が安いのでこんなものですかね
生態侵愁の関連図がgood
A型看板用に購入
戻る