西洋を捉え直す契機。
 第一章・第二章で20世紀につながる、
19世紀的な思想家J.S.ミル、
マルクス、
ニーチェ、
フロイトを紹介しています。
第三章以降は現象学、
実存主義、
構造主義、
科学哲学などを解説しています。
内容的には非常に簡潔で分かりやすく、
全体のバランスを考えて構成されています。
しかし、
残念ながらフッサールやデリダはそれでもやや難しいのではないかと思います。
それでもかなり噛み砕かれてはいるのですが、
少ない頁数で理解させるのはやはり困難なのでしょう。
私自身は入門書の類を何冊か読んでいますので、
特に問題なく読めましたが、
まったくの初心者にはやや読みづらいのではないでしょうか。
ということで、
全くの入門書ではないと思うので哲学初心者にはおススメしませんが、
ある程度哲学の入門書を読んでいれば非常に楽しめる内容といえるでしょう。

 さて、
内容的には全体的にかなり批判的で容赦のない姿勢には好感が持てます。
不明瞭であったり論拠が怪しい等の場合には、
哲学史に名を残す偉大な哲学者たちがバッサリ切り捨てられており、
かなり痛快ではありますがそれが正しいので驚かされます。
特にサルトルに対しては厳しく、
とは言っても感情論ではないので問題ありませんが、
読んでいてなるほど確かにそうであろうと納得させられました。
岩波新書の『サルトル-「人間」の思想の可能性-』(2005)はわかりやすくて良い本ですが、
サルトルを誉めるだけなので幽かに胡散臭いものを読んでいて感じていましたので、
本書の指摘でようやっと溜飲が下がりました。
私のようなド素人としましては、
著者の個人的な思い入れではなく、
感情を抜きにした哲学論を見聞したい思いが強いのですが、
入門書の類を多く読んでいてもド素人だけにそのことを見抜けないことが悔やまれます。
20世紀の思想―マルクスからデリダへ (PHP新書)

その他の感想

英語を話す快感!
ボア ブーツ
助けるということ
満足度の高い一巻完結コメディ
普通のマリオですが
写真で見た通り
江戸時代のラブストーリー
微妙な茶色が気に入りました
可笑しいお哀しい,でも笑え!!!
有意な回顧録ではあるが…
産業行為による人体環境汚染の見本として
フェルトパンチャー
サイズが小さめです。
和泉さんの美しいピアノと須藤さんの歌うベース、これだけで十分です。
電子書籍のギター教本はわかりやすい!,
三脚を安定させたいときに活躍
639C700 コールマン輸入ランタン用→ピッタリ
発色のよいきれいな色
飲み応えのある強炭酸、ビール代わりにも?
喘息の方は注意
おいしくいただきました。1667円Amazon8個入りBOXを購入。
使用法・使用頻度に注意して
小説は語りすぎてはいけない
下着が透けてる
良好なコストパフォーマンス
ひと安心です
BOSEのスピーカー用のケースとして使用
側ケース「アルミ」は、デザインのみ。 放熱効果無視が、残念なところだなー
とても良い(ー_ー)!!
よく出来ているが高い
戻る