今後の日本を考えるにあたって、貴重なヒントを与えてくれる1冊でした
今月号は、
敬愛する、
台湾の李登輝元総統が対談されていることもあり、
手に取った本です。
以下、
面白かったものを、
述べます。


〇KANO精神は台湾の誇り(李登輝氏、
魏徳聖映画監督)

・弱小だった嘉義農林学校を甲子園の決勝まで導いた近藤兵太郎監督は、
真の指導者だと思いました。
日本人、
本島人(台湾人)、
そして原住民からなるチームを一つにまとめ上げた手腕は、
実に優れている
・日本人であろうが、
台湾人であろうが、
あるいは原住民であろうが、
お互いを想う気持ちに民族など関係ない
・私が台湾民主化、
本土化の過程で打ち出したのが「新しい時代の台湾人」というコンセプトです。
外省人(日本敗戦後、
中国大陸から渡ってきた住民)と本省人(それまで台湾に住んでいた住民)の対立は、
もうやめよ。

・60年以上にわたって憲法が一字一句も改正されていないことの方が、
私にはむしろ異常に思えます。
アメリカの弱体化、
中国の台頭という現実から目を背け、
安全保障や憲法の問題を放置したり、
無関心でいることは、
日本という国の安全を著しく脅かすものと感じているのです
・台湾人が好んで用いる言葉に、
「日本精神」があります。
これは日本統治時代に台湾人が学び、
日本の敗戦によって大陸から来た中国人が持ち合わせない精神として、
台湾人が自ら誇りとしたものです
・現在の私の一部を形作ったのは、
まぎれもなく戦前の日本の教育です
・実は日本統治時代を経験した高齢の日本語世代は、
「自分は台湾人である」という意識を持つ人がほとんどです。
民主化以降の台湾で育った人も同様です
・安倍政権が誕生して以来、
ようやく日台関係は対等になりつつあると感じており、
安倍首相にはこれからも期待しています
・最後に日本人に言いたいのは、
台湾の民主改革は、
日本の明治精神、
あるいは戦後の改革に学んだものであるということです。
日本人はこの映画を見るべきだ。
そして歴史に学びなさいと

〇日中離反の歴史学(石平氏)
VOICE(ヴォイス) 2015 年 02 月号 [雑誌]

その他の感想

英国の偉大な文化
『ギリシャ』及びユーロ圏(独・仏)批判と緻密な分析に依るユーロの将来性.
昔の箱スカみたいで、良いです。
黒木流「白い巨塔」としてのレビュー
3号雑誌で終わらなかったのはいいとしても・・・
監修スコアです
ちんまり可愛い。
写真を撮る、ものを見る姿勢
100例では少なくて‥‥
動きやすいです!
値段も手頃で、泡も滑らか。ただ残念な点も。
解説が少ない
是非ご覧あれ
ファイリングにはもってこいです
ナビは結構使えるじゃん!
コンパクトで使い勝手も良い。
流石、サヤちゃん!!!
生地の材質がよいですね
不良品の上に対応が最悪
同意と参考しかない
ミノウラのホルダーに流用
分類整理に
途中まではよかった
ニューリーダーによる新時代への序章
カタログ的な
シングルとダブルの違い
風呂の混合栓交換に使用
コスパ神!
物は良いが。。。
ほのかな香り
戻る