生きているのは夢か芝居か人生か
シェイクスピア喜劇の代表作、
1594-96頃の作とされる。
原題は『A Midsummer Night’s Dream』で、
Midsummer は「真夏・盛夏」ではなく「夏至」ないし「ヴァルプルギスの夜」と解釈され、
いづれも妖精が活動的になる祝祭的な夜だという。


「左右の目に違ったものが映っているみたい。
何もかも二重に見えるわ」

"夢から覚めた"ハーミアの科白。
ここには、
近代という時代精神がこれから陥ることになる自己意識の無限の二重化という機制が、
垣間見える。


「どこもかしこも、
ぴったり収まる台詞はなく、
どの役者もずれている」(フィロストレート)

「最高級の芝居だって、
影にすぎぬ」(テーセウス)

「影にすぎない我らの舞台、
お気に召さずば、
こう思って頂きたい。
皆様、
ここで眠ってたのだと。
おかしな夢を見たのだと。
取るに足らない、
つまらぬ話、
夢のように、
たわいもなし」(パック)

シェイクスピア作品には、
<内面/仮面>・<内実/虚影>・<実人生/芝居>の対比が、
一貫して底流を為しているように思われる。
そしてこの対比自体が実は無効だとするアイロニーが、
遊戯的な調子を帯びながら、
作品の後景にはっきりと見て取れる。
400年前の恐るべき現代性。
私が生きているのは、
夢か芝居か人生か。
それを問いかける芝居、
その芝居の中の一場すらも芝居なのか一夜の夢なのか誰かの人生なのか、
月の魔力に朧となる。




河合祥一郎の訳は、
古典の翻訳書とは思えないくらいの破格の訳文であると云いたい。
現代人の言葉の遣り取りになっている。
見事と云うしかない。
新訳 夏の夜の夢 (角川文庫)

その他の感想

見た目重視の方にはおすすめです!
C#3.0の機能を理解したいなら
起立性調節障害でお悩みの方にお薦めの一冊
奥歯に効果あり
アフリカ文学を数多く訳してきた経歴を持つと同時に詩人でもある訳者の日本語は練達で、大変読みやすい。
HDMI接続
AKBグループ唯一の演歌歌手・岩佐美咲!!
真の天才と数奇な運命
こつは必要ですが・・・
正常に使えてません
かわいい たまゆらりん
新しいご主人様達
元々漫画のファンだったがおもしろかった
画像より少し薄い赤色
かわいくてお気に入りだけど…
早くも
カブに
描き下ろし満載で満足
薄くて便利だけど失敗しやすい
文句無しの切れ味
初孫への贈り物
全体に未完成な歌唱
私にピッタリ
Windows8以降で親機モードにする方法
中古品並みの汚れにびっくり
庭木の切断が楽々
充電不能からの復活
呆れました。
(о’∀`о)
とても微妙です
戻る