プラグイン開発をはじめたい人のバイブルとなるはず
本書はRedmineのプラグイン開発や拡張方法を著者が開発しているプラグインを通して学べます。
目次を読めばひととおりの流れが書かれているのがわかります。


1章 Redmineプラグインの紹介
2章 HookによるRedmineの拡張
3章 パーミッションとセキュリティ設定方法
4章 ファイルの添付
5章 検索可能なモデルを作る
6章 アクティビティへの登録
7章 プラグイン設定の管理
8章 プラグインのテスト方法
付録 プラグインをリリースしよう!

全体を通して読みやすくわかりやすい内容でした。
その中でも個人的に面白かった点をいくつかご紹介します。


僕は昔、
バーンダウンチャートプラグインなど、
いくつかRedmineプラグインを作ったことがあります(更新はストップしていますが・・・)。
どれもViewを工夫したプラグインで、
スキーマを拡張したりするプラグインは作ったことがありません。
本当は「ここの画面のこのへんにこういった機能を表示したいんだよなぁ」と思っていたのですが、
それができなかったのは、
開発者ガイドや翻訳してみたPlugin Tutorialがわかりにくかったからです。
情報がざっくりなので細かい点を調べる前に燃え尽きました。
それに、
Railsで作られたRedmineには、
Redmineならではの拡張方法もあれば、
Railsの機能やGemの機能もあるので、
調べる範囲が広すぎて燃え尽きてしまいました。
その点、
本書は切り分けて説明されており、
より深く機能を知りたい場合は、
参考URLも紹介してくれています。


本書には実用的なRedmineの拡張方法が説明されています。
例えば、
5章のacts_as_searchableを使った検索では、
自分が作ったオブジェクトをRedmineの検索結果に表示させたり、
4章のacts_as_attachableを使ったファイル添付では、
簡単にオブジェクトにファイル添付できたり。
Wikiに新しいフォーマットを追加したり。
RedmineやRailsが提供している機能を有効活用すれば、
簡単に、
メンテナンスも楽に、
優れた機能をRedmineに注入できます。
Redmine Plugin Extension and Development: Build Stunning Extensions Quickly and Efficiently by Leveraging Redmine's Plugin Facilities

その他の感想

夏のキャンプはこれに入って寝ます
使用1ヶ月。ほぼ満足。
安心できそうです
バジルペーストを作りました。
このサイズでこの性能!
2014も安定した面白さ(説明書は元から付属されていませんよ)
日本が全力でカメラを離さない風景、ロシア
じっくり読む
70歳より80歳、80歳より90歳のほうが頭良くなってきた。
配達は「ゆうメール」更新は1時間半
ソックスサイズが不満
USB専用の制約を長所に転じた商品
憧れのワンポールテント購入
発音の訓練に最適!
店頭で見かけなくなったがショートティーの逸品
悪くは無いが、過剰包装気味
チェックライターインキパッド
アイアンクラッドのネーミングにだまされた
超軽い物専用
発売から1年を経てこれから遊ぶ方々へ
全53業界、3500社掲載。24ページ増量、18業種新規追加。
とても 良いです
梱包に疑問
Morrisonの新たな旅路
ロスレスシューズ
秀吉子先生の表紙がとてつもなく美しいです。
寒い冬を越せそうです
デザイン良し、1歳〜幼稚園児までは楽しく遊べます
0.5cm大きめでちょうど良かったです。
試験範囲の外郭を短期で攻略する
戻る