靄の中の終章
受験生の頃読んだとき、
実は「国語入試問題必勝法」は半分本気にしていました。
かなり笑えてなるほどと思わせる、
面白い作品でした。


でも、
表題作以上に、
印象に残っているのは、
「靄の中の終章」です。


老人性痴呆症が進行する様子を主人公の目線で描いていて、
初めて読んだとき、
とても衝撃的でした。
本人以外の目線で描いたものは読んだことはあっても、
本人の立場で描いたものを読んだのは、
この作品が初めてでした。
国語入試問題必勝法 (講談社文庫)

その他の感想

描かれたのは人間か、マシンか
特にドライヤー嫌いな子供に重宝
心の清浄道としてのヴィパッサナー瞑想
あっと言う間
このデフューザーはYN560IIには必要ない。
お気に入りの銘柄です。
有田焼電子レンジ徳利
続けられそうです。
悩み解消!
千切れる
型くずれしない
出産は本当に大変なものだとつくづく思います。
無問題でした
給電にやや難あり
デフレ脱却の金融政策を理解するために
評判いいようです
バーホルダーと一緒に購入
好みが分かれるがお買い得品でしょう。
Very good (^_^)v
常識を斬りまくる異色のビジネス書です。
同じゲームを買うということ
オモシロ可杯
とても良かったです。感傷的に流れず 深く考えさせられる本でもありました
ポケットが多いです。
言葉が通じなくてもこの面白さは通じます
皆素晴らしい
臨床の知
テーマ04 ハ〇タカが狙う株 いいですね。
バイクで陸っぱり
押井守「の」うる星やつら(2002年9月発売のDVDへのレビュー)
戻る