西欧的な「芯の強さ」/「生きる力」に惹き込まれます。
迎賓館の2枚の絵「絵画」「音楽」を偶然見たのを契機に、
本画集を見てみました。
小磯良平の絵にはいくつかのタイプの絵があるように思いますが、
若い女性の「生きる力」を感じさせるような絵が印象的です。
戦争中の絵(「斉唱」等)から、
1960年代の絵(「婦人像」/「D壌の像」(表紙))まで一貫して、
そういう絵があるのは、
日本には珍しく「筋を通した」人だったからなのかもしれません。
人物像が多いのも、
同様の理由だと思います。
神戸/キリスト教という環境からかもしれませんが、
明治の文明開化の最後の世代の矜持を感じます。
絵になる姿―小磯良平画文集

その他の感想

面倒だけど安心
教えてもらいました
行きました。
旬のレシピの使い勝手よし
旅行用にいいと思います。
枚数が多いので気兼ねなく使える
良いですよ!!
圧着効果が弱く使い
手を使うことから始めよう
以前、テレビで見て・・・
明らかに汚れがつかなくなったが、これを正しく吹き付けるのはなかなか手間でもある
1セットあると便利
楽しいです。。。
四本足が強度不足?グラグラして困ってます
新生児ベビーの洗い物。
こんなはずじゃ・・・
またもプロモですが。
手の小さい人限定
バランス良く飼育・繁殖についてまとめられている
いくつリピートしたかわかりません
練習場にぴったり
こころ清らかに
お湯がこぼれる。
教育に正解は無い
特筆すべき特徴のない味
ベッドサイドの本棚として購入した。普通に使うには問題なし
謎のスピード感
服に失望
デザインが子供が気に入ってくれた
ユーザーご注意!
戻る