「ゲーム」をタイトルにするのはもったいない
シェルスクリプトを使ってリアルタイム性のあるゲームを作成するための本です。
しかしながらこの本をゲーム本としてのみ評価してしまうのは非常にもったいない気がします。
ゲーム作成法を超えて、
CUIシェル上で(擬似的ながらも)グラフィカルなインターフェースを構築する一般的な手法をこの本から学ぶことができます。
具体的なイメージとしては、
シェル内で動作するノーウインドウモードのEmacsだとか、
lessやtopなどのシェル上でキー入力を受け付けるコマンドなどがどのように実装されているのかをこの本を通じて理解することができます。
意外と簡単にできることなのですが、
この辺りが解説されている本はあまり見たことがありません。
シェルスクリプトをここまで自在に使いこなすことができれば、
OSやGUIなどの環境に左右されずにさまざまな便利なアプリケーションを作成することができるようになります。
私は軽量Linuxにも興味があるため、
シェルスクリプトだけでできることが増えるのはかなり喜ばしいことです。
また移植性・互換性についてはかなり重点的に解説されています。

この本を読むための予備知識として、
UNIXのコマンドと簡単なプログラミングの知識くらいは必要です。
ゲームで極める シェルスクリプトスーパーテクニック

その他の感想

省スペースを考慮してもう一回り小さめだったら文句なし
更なる安全装置を
ちょっとだけ惜しい
米国ベストセラーの「トランプ本」
あの時の悲しみに更なる追い討ち
自転車のチェーンも洗えます。
ブレンダーで簡単!
買わなくてもよかった。
エクセレント!ほぼパーフェクト!
過去話が面白い
桐灰はいい!
ほんと!軽い♪
安くて品質も良い
肝心の部分が
妖怪ウォッチランチボックス
簡単に組み立てができる
乳飲料の定番
大好評!
これを穿いていても我慢が必要!
シンプルかつ必要充分な機能です
有効活用しています
ネットワークの速度は遅いような気はするが…
眼鏡でも大丈夫かな?
いまどき分かり易い設定が楽しいです。
いまふたたびブーム? でも大人がもっとはまる。
act2って
めっちゃ いい!
タッチパネル対応? 微妙
文学にとどまらない話。いい本だなあと思う
セカンドモニター
戻る