ジェンダーを学ぶ人が最初に読むべき良書
 「ジェンダー/フェミニズム業界には論文量産システムがあるらしい」と内田樹が揶揄しているが、
実際その類の本は書店や図書館の棚にはち切れんばかりで、
初学者は途方にくれる。

 本書は下は高校生も対象としているというが、
著者はあえて「です・ます」を用いて学術書調にならないように腐心したと書いている。
学問の水準を落とさずに判りやすさを心掛けるというのは並みの学者の出来ることではない。
ジェンダーに興味を惹かれる方が初めに読む本としてお勧めできる良書である。

 書名について、
著者は「女性を問い直すことはそのまま男性を問い直すことだから」という。
しかし本書の大半を占めているのは女性学である。
男性学という研究分野が緒に就いたばかりでもあるが、
「女性」は「男性」の関係語であるから賢明な読者には違和感はないだろう。

 女性解放史をフランス革命にまで遡って記す。
近代市民社会はここから始まり「人権宣言」と共に「女権宣言」も書かれたが、
近代が出現させた「個人」は家族と関連した男性のみで、
女性はその属人として家庭に閉じこめられたと書く。
ここでは、
後に第2波フェミニズムが発見した「家父長制」を指していることは明らかである。

 従って本書のページは、
60年代に端を発した第2波フェミニズムに大きく割当てられる。
だがこのフェミニズムなるもの、
「フェミニズムズ」と複数形で表されるほどの百花繚乱的学説の乱立で、
それらを単に並記している類書を幾ら読んでもその差異が理解できないのだが、
本書ではそれぞれの学説が相互に関連づけられていて、
その違いと経過が良く整理されていると感じる。
女性学/男性学 (ヒューマニティーズ)

その他の感想

小さ目なドアストッパー!
LRT本の簡易決定版
この欄 意味が判らず記載しない
わっはっはっはっはっはっはは
外出用にはプラスチック
まだ進化していきます。TS東急
親から子供を見る。それよりも子供から目の届くところに親がいてくれる。
DBHのスリーブと併用することで、カード保護がばっちり。
文章表現のすばらしさ!
コードだけがメールで届く。
生地が薄いw
鴨肝臓は15%
格安で、手に入るのがイイですね〜
早急に、新課程センター生物版を希望。
ユピテル GWR93sd に使用
初LEDライト
見た目は◎ 内装は△ 長く使いたいなら別の時計を推奨
転売屋と関わるとロクなことがない
調味料
プラスチック感…
アロー、ブレイカーともにコックピットの開閉に問題があります。
いつもと違う!
精度の良さを感じる
気をつけて!純正品じゃない!
購入単位が大きすぎる
不良品だったようです
5.1chサラウンドマルチ音源の出来が素晴らしい。
玄米フレーク
聴きなれたクラシックがオルゴールの調べでリラックス
なるほどね! とおもって読みました。
戻る