どのようにして、A.ヒットラーは生まれたのか?
 
誰しも不思議に思うことだろう。
あの第三帝国に君臨する前のはるか以前の、
毒ガスにやられ、
目は見えず、
極度な不眠症に苦しんでいた、
A、
ヒットラーの真実の物語が浮かび上がる。
其の日の食い物にも困り、
傷病棟にて、
ユダヤ人をのろい、
時おり大きな声で愛国を叫んでいた男が、
主人公の私の心理療法により、
あたかも啓示を受けた者のごとく、

目くらを装うことすら止め、
一人の預言者のごとく大ドイツを叫びはじめる真実の物語である。

自分でも、
そのうそに満ちた演説をきくと、
我知らずひきこまれるが、
大きなうそか、
小さなうその波を伝える者の誕生である。
しかし、
その熱狂は、
いや其の熱狂こそが、
啓示をけた、
神聖なもののように人々を巻き込み、
もはや誰をも信じられないほどの力を生み出し、
誰しもが持っている暴力への誘惑をあざ笑うがごとく、
収容所をつくり、
全ての苦しみを生み出していく。


私、
つまり精神科医である。
本人にもその秘密を知るものとして、
襲い掛かかられる。
人々は政治にはとうに興味を失い、
其の熱狂にすがる。
そのうずにより、
本人が、
とうとう収容所にぶち込まれ、
尋問され、
皮のムチで毎日、
拷問されるはめになる。


ここで、
目撃者である私は、
自分が生み出したものが、
途方もなく暴力的で、
あらゆるうそにまみれた存在が、
何たるかを知る。

出てくる、
私の母、
父、
大叔父である富豪のカイゼル、
とその息子、
恋人や妻、
誰一人となくユニークな存在である。
そのことが、
この小説を史実とともに読むものに、
息もつせぬ迫力でせまってくる。
一人ひとりが濃いのである。
優れた小説は、
ある面、
その作者が生きた歴史の骨だけではなく、
血と肉となり、
そのとき生きた人の時代を表現できるものである。
これを読まなければ近代ドイツに突然と現れた、
かの男、
A.Hがいかに生まれたかが決してわからないであろう。


そこには、
スターリンや毛沢東などのような無慈悲さとは一線を画す、
なにかヨーロッパ的ななにかがあることがわかる。
目撃者

その他の感想

大きさと写真画質に拘らないならお勧め
とにかく若いっっ!!
前から欲しかった本
これぞ、着うたの女王『西野カナ』の魅力を完全網羅した懇親のライブです!!
至高のBH
うーん、文章、写真、図が、まったく同じ。
日本、中国、そしてアメリカ。次はどこだろう。
かなりいいですね。
2代目勝ち勝ち君
籠バッグ
訳が軽快で、解説がおもしろい!
辞書なのに面白い!!
書店と出版社の内情がよくわかる本
良かったけど、ちょっと残念。
ベランダ
とまこ
君はもっと出来るだろ!?って言われてる感じ
色が落ちて他に移ります!
18000人の妊娠を希望する看護士のアンケートをもとにしています
魔法のスパイス
シルバーアクセのお手軽メンテナンスに最適
音声DLできますよ。
サビてるのが届いた
非常にためになりました
原作を研究し尽くして描かれた、素晴らしい内容
本当に静かです。
傷跡にはききません
優しい妖しもののお話が好きなら
私は変わった?
バイオハザード7のDLC(not a hero以外)全入り。
戻る