憑りつかれている人間のはたから見た面白さ
「Born to Run」 を読んだ人には絶対、
この「EAT & RUN」は読んでもらいたいです。
なぜって、
クリストファー・マクドゥーガルが「Born to RUN」の中で書いたタウラマラ族との山岳マラソンに挑んだ白人ランナーたちの中でも、
一番のヒーローが、
この「EAT & RUN」の著者スコット・ジュレクだからです。

彼がどうして走り出したか、
どうして(完全)菜食主義者になったのか、
どうしてゴール後に他のランナーの応援を続けるのか・・・みなこの本の中に書かれています。

彼の家族(特に母親が多発性硬化症という日本人に比べると欧米ではよく見られる、
進行性の、
現時点では難治性の病気に侵されていく過程もきちんと書かれています)、
彼の恋人(最初の妻も、
次の妻のことも)、
彼の友人達のことも、
すべて詳しく書かれています。


走りに憑りつかれ、
求道者になっている彼は、
ある意味可笑しさも感じるのですが、
その反面、
彼の冷徹な自己分析などを読んでいると、
襟元を正したくなる気持ちにもなります。


完全菜食主義者である彼が作り出したレシピもきれいな写真とともに乗っています。


走りの技術ではなく精神を知りたい人にはお勧めの本です。
EAT&RUN

その他の感想

意外とこわいですよ
直ぐに脚が壊れます
通信以外は○
しっかりフィットしました
バイクのハンドル位置に
パジャマ用に購入。
大胆に繊細に
女流作家M・Mさんとは?
まだ使っていませんが・・・
お得だが・・・
非常に良く出来ています。
monacaのことが書かれている本!
当たり外れがあるかも
想定以上に、ありがたい。
爽やか〜な関係
Ice & Mixed Climbing最高の教科書
少し大きめの気がするけど関係なし。
「紙1枚! 」にまとめる技術が「紙1枚! 」にまとまっていない不思議
優秀
低回転、大容量で使いやすい。システムドライブとしても問題無い。
分かり辛さや仕様から人を選ぶゲーム
判断に困る
嘘が大きいほど大衆は信じる
大きめの作りかな?
不動産投資成功法則の真実がここに!
とてもいいです♪♪
ライブには必須のアイテムです。
(長文)体感としても測定しても確かに静か。ソフトな感触。優しいHHKB
日本メーカー初?のスティックタイプ
中身は☆5ですが
戻る