「経済」への理解、「経済学」への親近感を感じて
戦後の経済史・経済事情を紐解きながら、

その背景、
その支柱となった経済理論、
経済学説に関連付けて、

「経済学」の意義が説明されている。

大学での「講義」故か、
語りかける対象者、
話し言葉も分かりやすい。

ただ、
講義で用いたであろう図説や写真の多くが掲載されていない。

ここは編集上への不満がある。

日本だけでなく、
中国、
北朝鮮、
ソビエト、

時の政権が行った経済施策の論拠が紹介され、

中には学説ともおもえないものもあり面白い。
池上彰の「経済学」講義 歴史編 戦後70年 世界経済の歩み

その他の感想

余裕があれば2冊買っておきたい!
非常に手軽に使えます
ヤマハBOLT用に使えます
気をつけた方がいいです
とても使いやすく気に入った
専用ということで
意外と初心者向け
強力、快適。
とても健康的なダイエット方法
アトピーでもだいじょうぶでした
すごく書きいいです。
必要にして十分。
ほんとに助かりました
「文学」の議論が希薄な政治的文化研究
狭いかな
仮面ライダーが好きでないと続かない
結構よかった
まとまりは、いい
買い替えご検討の方、おすすめですよ。
小さいですが
足が折れていました
評価:○ 笑いあり、人情ある名作
シンプルでとてもよかったです。
ページ数が多い時には便利ですね。
単三、単四のきれいに収納
オンライン×オフラインにおけるEC顧客体験
初LEDライト
正直作りたい料理がない。
他のやつにしたほうがいい
イナホ編とケータ編の絡みが絶妙
戻る