人類の大恩人‘それ’を物質の窪地から救出せよ!決別ローダン・シリーズ第484巻。
何者かが仕掛けた罠に落ち物質の窪地に囚われの身となった超越知性体‘それ’を救うべく全力を傾注するローダン一行の活躍を描く大長編SFスペース・オペラ宇宙英雄ローダン・シリーズ第484巻。
本巻の執筆者はベテランの風格重鎮ダールトンです。
本巻は長年のファンにとっては本当にショッキングな節目のエピソードになりましたね。
まさにダールトンにしか書き得ない思い切った大胆な一手で、
去り行く常連さん達に寂しい想いが込み上げて来ますが、
これもシリーズの活性化を図る為にぬるま湯的な展開を避ける意味があるのだろうと理解してこれからもシリーズの行方をひたすら見守って行きたいと思いますね。

『物質の窪地』クラーク・ダールトン著:強者ケモアウクはローダンの帰還と引き換えに《バジス》の指揮権をよこせとアトランに迫る。
一方、
物質の窪地に置き去りにされたローダンは二重コンセプトのエラート=アシュドンと再会し遂に‘それ’との接触を果たすのだが・・・・。
本編では‘それ’が構築する多数の世界フラグメントやプロジェクション‘銀狐’や‘それ’が語る抽象的で曖昧模糊とした数々の言動の意味合いは凡人の私にはとても理解出来ないですが、
まあそれ程深く考えて悩む必要はないのでしょうね。
前回ピンチだったエラート=アシュドンが生き別れにならずに一緒のままだったのは良かったと思いますし、
強者ケモアウクが悪でなく意外にも善人だった事にホッと一安心しましたね。
『ミュータントの決断』クラーク・ダールトン著:
ミュータントの決断 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-484 宇宙英雄ローダン・シリーズ 484)

その他の感想

やや発展的な内容
そろそろ・・準備が始まったかな?
さりげなく書いてあるが、大変な難易度です。
1000円オーバーの値段に似合う内容
高野文子は怖いひと
前作のプレイが前提、ってそんなのアリ?
充分過ぎ
疑問点が残る買い物
国内のインフォグラフィックを集めた事例集。広告批評のようなノリです
大きいのにスッキリ!
毎朝飲んでます
10年使ったソファーの塗り替えに使いました
69点かな!
手に取った方は是非!!
縦置きできるバッテリー
通説の信憑性を問うが
全体的に小さめ、Lの人はXLにする。
月の頭脳、えーりん
クセが無くて
姪っ子に頼まれて代理購入しました
やや小さめでした。
かすみがうらマラソンで使用しました。
目への圧迫感がない
とてもスタイリッシュだけど…
無洗米もできる?低温高速精米機
筋膜リリースのため
おしゃ
左手の独立
ノーブランドってこんなもん。
戻る