電子工作入門
この本は、
まず何か実際に作ってみたい、
という電子工作の初心者にとってかなり役にたつと思います。
何よりも、
値段が他の本に比べて割安感があったと思います。
3分の1が、
電子部品の種類の説明、
半田付けやプリント基板の作り方、
便利なIC知識などに使われ、
残りの3分の2は実際に作ってみる簡単なプロジェクトによって埋められています。
ただし、
それぞれの電子部品の詳しい使い方や、
その原理については触れられていないので、
自分で回路を書けるようになりたい人は、
加えて他の本を読む必要があります。
新電子工作入門―わかる、できる、楽しめる (ブルーバックス)

その他の感想

自己鍛錬
正しく辞典にして、正しく辞典のパロディだが 読むのが恥ずかしい
面白いが200円の価値はあるか?
内容は素晴らしいが。。。
色がきれいです
情報量はハンパないです
「琳派」の作品群を鑑賞して
持ちやすいグリップ
高いけど確実
キムタク
分かり易く、読み易い一冊です。
2回目使用で破損
付録は付録として、本としてはどうなんですかい?
サイコー。とってもわかりやすかったです。
ニューハッタン
初心者の運転で1万7000キロ、パンクしませんでした。
510の2ドアセダン
相居飛車の歴史をコンパクトに
これがあるだけで周辺機器の選択がかなり柔軟になる
CP非常に高い
簡単な確認のためにちょうどいい
かすれない!
WOL設定時には注意が必要?
これを長編で・・・。
おもしかった〜
通学、通勤、自転車
カシオの電子辞書にピッタリ
綺麗に梱包?
ご自身のスタイルに自信のある方にお勧めします。
マスカレード・ホテルが楽しみ
戻る