非常識なのはどちらだろうかと考えさせられる一冊
周りをフランス、
イタリア、
ドイツ、
オーストリアといった列強に囲まれながら、
なぜ小国スイスが近現代を生き延びることができたのかを考えさせられる一冊。
「面積世界第132位、
人口世界第93位の国家が、
一人当たりのGNPで日本を上回り、
失業率0.007%であるのはなぜか?スイスの永世中立を隣国が認めるのはなぜか?」という動機を持って本書を読むと、
それは魔法でもなんでもなく、
スイス人の気質とその政策から導き出される当然の結果であることが分かるだろう。
軍事についてだけ言っておけば、
スイスの民間防衛は世界一である。
隣国は攻めないのではなく、
攻められないのである。

日本とスイスのどちらが世界の非常識国家であるかは読者の判断に任せたいが、
少なくとも自分の命を守ること、
自らの勤労によって得たものを他人に奪われないようにすること、
知らない人間よりも家族や隣人の幸福を優先して考えることに関してスイス人が日本人よりも「真面目」であることは疑い得ない。
そうしたスイス人の気質は本書ではマイナスに評価されているが、
知っておいて損はないことが多くかかれていると言う意味で星四つ。

しかし「美しい理想国家のウソを暴く」だけではもったいないと思う。
読んでからいろいろ考えてもらいたい一冊である。
黒いスイス (新潮新書)

その他の感想

かなりしっかりホールドします。
とにかく移植がしたいんだ!!
現代の国際金融システムの成り立ちをわかりやすく解説する
「合わせ名人」でキレイに印刷できます
デザインは良いが・・・
値段以上の高性能商品❗️
LaQの全てが分かります♪
究極のリイシューか
娘のベッド用♪
消臭効果は抜群です。
凄く良かったです
朝まで待てない!!
Galaxy note 3でも、裸なら何ら問題なし
Su-Pen交換用ペン先にもぴったり
良い商品で喜んでいます
結構頑丈
ギャグ8割2割カプ話
ジャパンカップ初参加者は必読
商品は面白いが収納が難しい。
首ぐりがきつい
うちのうさぎの大好物です★
あの赤い本より好感が持てます。
手軽に使えるので長女には喜んでいます。
写真が素敵
少しでも多くの情報を整理したい、時間短縮をしたい、面倒臭がり屋さんの人にとってもオススメである。
複合機よりサイズが小さくて気に入ってます。
ちょっと長さが足りない
成長し続けるSelena!!
こんなところでは?
肩のこらない教科書
戻る