有名フードライターによる癒しの食日記
受賞書多数、
クオリティー紙Observerにもコラムを持ち、
イギリスでは知らない人はいないフードライター、
ナイジェル スレーター。
この本は、
食と自然に囲まれた、
彼の自宅での生活を、
1月から12月まで毎日書き綴った、
「レシピ付き食日記」です。


家の庭や市場で手に入れた、
新鮮な季節の食材。
それらを使用したシンプルなレシピの数々に、
ナイジェルらしさが窺えます。
シェフや料理研究家のストレートな文章表現に比べると、
彼の英語は修飾語を多用していて難しいのですが、
「綺麗」や「美味しい」という単純表現抜きで、
食材や料理を描写しているところに、
ライターというプロの技を感じさせます。


所々に挿入されている食卓・果物・草花の写真も、
上品で大変美しく、
ナイジェル自身が自宅で各日に撮影したものです。
食べかけの皿の写真などを見ていると、
ハーブの香りまで漂ってきそうな臨場感があって、
読みながらワクワクしてきます。


ナイジェルは、
この本について、
「季節という広義な時間単位ではなく、
より正確に「いつ」、
何が美味しいのかを記録し、
提案するための本である」と述べています。
しかし、
日本にいて読むのであれば、
300以上あるレシピだけ摘まみ読みして料理の参考にするもよし、
適当に開いたページを読むもよし、
当日の日記だけ読むもよし、
日本の食材や季節と比較しながら読むもよし、
とにかく何でもあり、
な読み方ができると思います。


イギリスは四季の変化がはっきりしておらず、
したがって季節のご馳走も少ない。


というのは思い込み!旬の食材は様々で、
お金をかけずとも送れる豊かな食生活と、
美しい時間の移り変わりを、
一ページ毎に感じることのできる貴重な本です。
The Kitchen Diaries: A Year in the Kitchen with Nigel Slater

その他の感想

かぶった形は可愛い!
迅速に発送してくれました
信頼に値します。
涙しました。
非情に見やすい
パズルを解く感じで
安かった
定価以上で買う必要は無しかと‥
独断で動くライレ&ケモアウクとルーワーの運命!好転ローダン・シリーズ第489巻。
ぶっちゃけつまらん作品だと思っていた
fukatakogarahanyamamotohankonbiniso
この本を読んだら、回りの人たちに「はちみつ」の素晴らしさを、絶対に語りたくなります!
ハート…???
割安です!
意外と落ちません
徐々に核心に近づきつつあるのかも
勤労意欲の行方
かわいくてカラフル、楽しんで学ぶ
基本の本
旅行に行く時 カメラと一緒に持って行きます
ホントに素晴らしいアルバム!そしてNew Edition!
カードの収納・整理に便利な、価格相応の商品
見た目は素敵ですが
鳥の詩は神曲
原作と比べると…
薄い生地
効果に期待
Raspberry Pi 、遅いデビューになりましたが最高ですね!
本当に、着付け教室に行かずにやってみた
解答違いが、多いと思います
戻る