DSM-5の論理を知る上では欠かせない
ポケットマニュアルとは異なり、
こちらは各診断の成立や論理、
それぞれの診断間での整合性などについて詳述されています。
DSM-5とは何かを知る上では欠かすことの出来ない書です。
ただ、
あくまでも診断・統計マニュアルであるため、
記載は無味乾燥で面白味に欠けるのですが、
これは欠点ではなく本書の性質上、
致し方の無い側面でしょう。
ということで、
患者さんやそのご家族の方など、
精神科医以外の方に対しては、
DSM-5ポケットマニュアルよりはマシですが、
あまり積極的にお勧めもしません。


臨床現場へのDSM-5の浸透だけでなく、
他のレビュアーの方がご指摘になっている通り、
米国以外の精神科医とのコミュニケーションに必須かどうかは疑問が残ります。
ただ、
米国の精神科医の間には既にDSM-5が広く浸透しているようですから、
日本人もこれを避けて良いわけではないでしょうね。
ICD-11に関してはWHOもDSMとのダブルスタンダードを懸念しているようですが、
世界の精神医療の現場では両者の弁証法的発展がなされることを期待しております。
DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル

その他の感想

静電気やメンテ地獄から開放された画期的なコーヒーグラインダー
高価だけどリピします。
物語は五つ星ですが
全部やってから書くべきなのでしょうが
フレンチホルン教則本のバイブル
積み重ねています。
消耗品が交換できるのがグッド
貴重な現行モノクロフィルム
冬に最適
期待を裏切らないJUJUのめっさお得なシングルです。
中途半端です
朝ごはんがわりに
うつの当事者が書いた本
サイズもぴったりでした!
アマゾン購入品
正規品で満足
チンパンジーの「社会的知性」の獲得は、人間社会への貴重なヒントを提供している
CDの内容が少し変わってる?
簡単に組み立てられます
安定して面白い
特に不満がない
無し
顔が今までで一番サンジ。
自伝なら興味深く、小説なら浮世離れ
デザインやUIのどうたるかを語る雑誌なんだからさ。。
やはりFF12は名作!!
妖怪ウォッチだらけです(^_^;)
大容量で満足!!
CW-Xの3着目の購入です・
効率的
戻る