正義感に満ちた人物による自伝的エッセイ
ある日突然、
マスコミから姿を消した政治評論家・森田実氏のエッセイ集。

氏の姿が茶の間から消えたのは、
電通批判が原因だったという。


それが逆に、
人間として信頼できる硬骨漢の証であると、
私は思っていた。

実際に読んでみて、
その期待は裏切られなかった。

いいものはいい、
悪いものは悪い、
と勇気を持って言い切れる、
稀有な人物であると感じた。


第一章「平和について思うこと」で10話、
第二章「素晴らしき出会い」で16話、
計26話が収録されている。

あとがき部分の「発刊に寄せて」は、
俳優の杉良太郎氏が書いている。


氏の人間性を象徴する印象的な話がある。

「怒鳴り合い」という話である。

ちょっとネタバレ注意だが、
一つだけ紹介を許されたい。

森田氏が、
出版社を退社して浪人中の若かりし日の話である。


当時の自民党幹事長・橋本登美三郎氏に、
新設を予定する党の新聞社の中心者に、
との話を持ちかけられた。

100億という潤沢な資金が準備され、
具体的な計画もあり、
あとは中心者の問題のみという段階で、
著者に白羽の矢が立った。

ところが、
森田氏は、
「新聞社を性急に作っても意味がない」として堂々と持論を述べて断る。

橋本氏は、
顔を真っ赤にしてカンカンに怒る。

しかし、
森田氏は、
一歩も引かず、
議論は怒鳴り合いのようになった。


もう、
「ご縁はなくなった」と思っていた二日後、
橋本氏から墨痕鮮やかな達筆で速達が届く。

「先日は、
じつに楽しい時間を過ごすことができた。
非常に楽しいやりとりだった。
痛快だ。

ああいうことを、
ぜひ、
また、
やりたい。
また、
きてほしい」との手紙であった。


その後、
森田氏は、
評論活動を始めるのだが、
「本気で腹を割って話せる人かどうか」判断する眼を、
橋本氏との出会いから学んだのだという。

大きな人物どうしの、
実にさわやかな「一期一縁」の話であった。


森田氏は、
儒教的倫理観をバックボーンとした信念で、
現場第一主義を貫く人である。
森田実の一期一縁

その他の感想

手前のくぼみは不要では…
サンプルと違う
アーチが保たれていいです
身長 縮み防止に
ステキ
サイズはやや小さい。
~チェックシリーズの中ではいちばんの出来
トリプル&時計カレンダー
日本は自力でどうにかしなければならない
意見が偏っている
ウルレアばかり
日本で最初の本格的な国際保健(医療)学の教科書
自分のレビューの正体
避難開始後、比較的早い時期に全体像と課題を抽出
「中学生にも可能」のレベルが高すぎ。
大胆な思考実験! これはフィクションなのか?
これを使うと、他のは物足りなくなります
カラーページが楽しいアニメのファンブック
一部店舗の心無い扱いに…
軽くてフッ素コート鍋を傷付けない
とてもよく取れます
端子部外寸です
亡くなってからは見かけますが
写真と現物が紛らわしい!
あまり身近ではない料理
かなり課題を残した誌面
好きなデザインが多い
治りが早い。
とてもおいしいコーヒーがいれられます。
加工して使っています。
戻る