造形的色彩論
現代芸術のひとつの方向を形づくったバウハウス教育。
そのなかで行われたイッテンによる色彩論をコンパクトに収めてある。
このテキストの実技をまともにやり遂げれば、
かなり独自性のある色彩感覚が身につくと思う。
色彩感覚は生まれつきのもので変えようが無いという説もたまに聞くが、
それだけではない。
やはり優れたテキストと学習、
経験によって鍛えられた感覚は人を納得させる力があると感じる。
色彩論

その他の感想

リニューアルしないでほしかった。
非日常の中の日常譜
鈴木拡樹インタビュー「ある表情の軌跡」by/編集部
敢えて「隠している」のでしょうか?
火傷防止に。
入学準備品として購入
意識するだけで
ダイヤモンド粒使用で日本国内製造
元設計者として
電子産業以外の産業の盛衰に関する分析も参考にすべきではないか
煙探知機
間宮論文だけでも読むべき
GreenからRedへ
素敵なネックレスです。
普通に暖かい音でいいですよ。
写真よりも実物はイイですよ。
わかりやすい手引きでした
大人も楽しい。
クラシックモデルの特徴
色が揃っていて綺麗
カラビナ
筋トレ中に飲んでいます
ガソリン漏れが止まらないです(笑
ポスター写真からして変だった・・・
日本製のクオリティにこだわる人にはオススメ
味はマズくて効果はテキメン!!
スタンスミス最高☆
これから私のメイン使用になりそうです。
流石にメーカー品
何度もリピ
戻る