オペレーションも極めれば競争優位になる
最近まであまり表に出る事が無かった、
数少ない日本の超優良企業、
ユニチャームの経営(というかオペレーション)手法を解説した貴重な本。


感心したのは、
ユニチャームという会社が、
トヨタやPG等の企業に学びながらも、
それらの会社の手法をそのまま入れるのではなく、
自らに合うように修正して取り入れて、
本当に「自分のもの」にしていること。


加えて、
ユニチャームグループ全体の中で、
「目標ではなく行動を管理する」とか、
「4つの心の病(うぬぼれ、
おごり、
甘え、
マンネリ)」とか、
組織に染み付いた考え方を「言葉」として共有・継承しているのが凄い。
こういう新制度の「実施時の厳禁項目」とか、
「なるほど」と思います。


ちなみにSAPSとは特別な手法ではなく、
Schedule、
Action、
Performance、
Scheduleの頭文字で、
いわゆるPDCAと変わらない。
でも、
PDCAというある意味普通のオペレーションでも、
極めれば、
競争優位になるという良い例だと思う。
戦略に目がいきがちだが、
オペレーションの威力、
侮るべからず。


極めて平易な日本語で読みやすく書かれていて、
いわゆるマネジメントの基本的考え方が散りばめられている。
主に営業のオペレーションの内容だが、
マーケと営業のコミュニケーション、
在庫削減等のヒントも豊富なので、
営業だけでなく企業の管理職にお勧め(但し、
シニアなマネジメントには、
少し基本的すぎるかも)。
手法が題名になっているが、
語られているのは主にその考え方や背景であり、
マニュアルではない。
ヒントを多くもらえる好著。


ちなみに、
この本のサマリーのような内容が、
BCG杉田さんの「思考する営業」という本にも出てます。
まあ、
ユニチャームは長年BCGがコンサルしてますからね。


0
ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学

その他の感想

尖ってない所がいい。ほこりも本当に入らない。
敵役の魅力
そんなに???
判断材料にはなります
軽いが特に問題なし
まあまあの清浄力
東南アジアでも使える!
アナと一緒に。
庭の友
今後の成り行きが心配なシリーズ
フォーマットに関する知識のない人にはお勧めしません。
イラスト枚数が凄いのだが
良い! ホールドしづらい浅いグリップもこれで良いのです。
うならせる細部描写
懐かしい?
正直リメンバ欲しかっただけ
電源に単三電池が使えるのは便利
リアルな事例が満載で、読みやすい文章で良かったです!
特に問題無し。
CPUクーラーのファンを固定してみた
おきにいりです。
本編よりは好感が持てる
多分、青い方が人気はあると思いますが…
まっとうに生きる
理性のアンチノミー
家族・友達にもすすめたい一冊
パソコン用の電源タップ
退色しても上品な色味
ないす
意味がないなら…
戻る