他者は理解できないということ
それは我々が大人になる中でいつの間にか当然のこととして受け止められています。

この作品の一つのテーマとなっている「思春期」において、

我々は主人公のように、
多くの得体の知れない、
自分の理解の及ばない物事に出会うことになります。

そうしたもののうち、
我々はどれだけのものと向かい合ってきたでしょうか。

理解できないものに目を背けたまま、
偏見だけを育ててきてしまったのでは…?
そんなことをこの作品を読む中で考えさせられました。

信也視点の大雑把な描写と、
秋視点の繊細で瑞々しい描写が好対照をなしており、

特に後半の秋の切迫した心理描写は、
人間のひとつの実存を枠に当てはめることの暴力性に対する疑問を強く投げかけてきます。

主人公と同様、
思春期の方はもちろん、
価値観をはっきり持った成人の方にも読んでほしい作品です。

信也と秋、
二人の主人公も、
生き生きとした魅力あるキャラクターとして描かれています。
BL系の純愛モノとしてもいけるのでは。
金木犀の向こう側

その他の感想

大容量を高速で読み込み
不味い。
魔法のように臭いが消えた!!!
もっとも用途の広いハーブかも
じっくりと読みたくなるムック
水をたっぷり使って描きたい人におすすめ
星がきれいに撮りたくて買いました。
ピンロックシステムがすごい!
副読本として最適
beatlegエライ
デザイン機能まではよかったのですが・・・
全巻読んでのレビューですが、
日本人の頭に合う
期待以上の効果でした。
私には結論が出せない難しい問題。
「薄幸」も悪いもんじゃない
心から溢れ出る爽やかな涙、本当に著者に感謝を捧げたい
改良されて、なお良い
もうちょっと大きくてもよいかも
剣心待ってました♪
いつも清潔♪ シンプル♪
それなりに煙ります。
大満足なっしー!
買って良かったです。(*^_^*)
雰囲気自体はいいけれど・・・
間違いなく卓上ポータブルスピーカーの名機
納得のラスト WORKINGに出会えてよかった
今はやりのフィット感で好感。
びみょー。
今、妊娠7ヶ月です。
戻る