各国がみな親戚、の時代から血みどろの戦いまで
第一次世界大戦を契機に消え去った王朝は数多い。
本書の冒頭、
英国王の葬儀の場面では、

ヨーロッパの各王朝が血縁関係で蜘蛛の巣のようにつながっていた様子が描写されている。

それが数年後には軍服を着た「国民」が銃をとって泥沼で果てしなく闘う時代に突入した。

著者は、
この転換期を、
様々な角度から実に鮮やかに描いてみせている。

ずっしり読み応えがあり、
実に面白い作品。


ただ、
十九世紀から二十世紀にかけてのヨーロッパ史に疎いと、
読破するのは難しいでしょう。
The Guns of August: Library Edition

その他の感想

ノーブランドってこんなもん。
安心感がある
とても臭いがアルミ部品ピカピカ
空気が綺麗になりました。
改訂版につき再購入しました
著者はまだまだ金銭にとらわれているのでは
なかなかの切れ味です
値段が安くて手頃。
ウエイトは入っていません。
気に入った
大量で安心。
抑圧的な宗教や家族からの解放!
アンブロのバック気にいりました
国産だけでなく
手は最高の相棒
難しいことを意識せずGPSが活用できる、いい道具です
初めての服の購入
ディスクの出し入れがしにくい
哲学は、涙をこらえるくらいに、むずかしい
美味しいけど飽きる味
椅子修繕にちょうど良かった♪
できれば、買わないほうが無難
きれいな化粧箱に入っています
本当に人の話を「聞く」とはどういうことか
はじめての音楽理論。
どの組み合わせを選ぶかは慎重に
Pod HD500のセカンドペダルとして
よくない
感謝してもらってます
時代と共に変化していくEメールデザイン
戻る