中でも秀逸な「宇宙開闢の歌」。
古代インドのアーリア人が残したリグ・ヴェーダ讃歌。
厳格な韻律に従って書かれたというこの讃歌を日本語に訳するのは大変なことだったろうと思う。


先住民を駆逐しながらインドを進んでいったアーリア人にとって、
先住民は敵であり「魔」であったと言う。
多神教を信仰していたアーリア人たちの神々の存在の多彩さは、
一神教を信仰している民族には理解し難いかもしれないが、
日本人には比較的理解しやすい概念ではないだろうか。


どの讃歌も素晴らしい作品だが、
中でも秀逸なのは「宇宙開闢の歌」ではないかと思う。
本の中では1ページを占めるにすぎない7つの讃歌だが、
宇宙の広がりを、
無から有を生じる過程を見事に描ききっている。
リグ・ヴェーダ讃歌 (岩波文庫)

その他の感想

今決める政治を
LOUD.
格安SIMの落とし穴に全く触れてない!
息子の膝のアイシング
何かを取り戻していく優しい物語
良い買物。
イラストが素晴らしい
首元の形が良い!
環境を選べば、それなり。
芝生管理ルネサンス
引き続き勉強し、そして共感を感じました。
型番の違い
後部座席に2つ購入しました
そっくりさんが…
コンパクトでよいけど
夜歩きに便利
小1息子の水泳授業用
肩ひもが落ちる・・・
信頼のブランド、買って損はない
サイズ違いが届きますよ。
もはやこれ以外使えない
こういうのがほしかった
尾崎一貴
真に天使の歌声
いつもドラッグストアで買ってるのと同じ。ここの方が低価格!
円卓への帰還・・・・・・。(ちょっとネタバレあり)
こいつ…動くぞ!!
これはおすすめです!
模型の収納に是非!
各種取りそろえました。
戻る