久しぶりに見つけた面白い聖書関連本
これは久しぶりに面白いと思った聖書関連本。
作家の池澤夏樹と、
本人の親戚であり聖書学者である秋吉輝雄との聖書に関する対談集。
秋吉氏は旧約聖書学の碩学で、
新共同訳聖書の翻訳編集委員も歴任している。
内容は、
旧約聖書を中心にした聖書についての一般的なトピックを、
池澤夏樹が秋吉氏から「聞き出す」手法で解説するもの。
聖書の成り立ちから伝承、
キリスト教、
イスラム教との関係性、
そして現代との関係等々、
実に幅広く、
かつ興味深く話が展開されている。

 個人的に特に面白いと思ったのは、
旧約聖書を記した古代へブル語には「時制」がなく、
過去も現在も同一につながっているという部分。
さらに、
その旧約聖書がギリシア語に翻訳された際にヘレニズム文化を包含した「意訳」がなされ、
結果的にギリシア的な「時制の概念」が含まれるようになったという部分。
これは、
後に新約聖書が誕生するに際して、
決定的な影響を与えたように思われる。

 また、
ユダヤ人とは、
その発祥から今日までの3500年の歴史において、
いわゆるディアスポラ(離散)の状態にあったのが普通であるというくだりも面白かった。
歴史上ユダヤ人が国家を形成したのはダビデ王朝の時代とバビロン捕囚後、
そして現代の、
トータルでわずか500年しかないそうだ。
今もユダヤ人は世界中に離散しており、
その状態は3500年前からまったく変わっていない。
今なおニュー・ヨークにはイスラエル本国の人口に匹敵する数のユダヤ人が暮らしている。

 いずれにせよ、
聖書に興味がある人には一読をお勧めする。
ただし、
ある程度聖書に関する知識がないと理解するのが難しいと思うので、
まずは聖書の大体の構成を学んでおく方がいいと思う。
ぼくたちが聖書について知りたかったこと (小学館文庫)

その他の感想

今や貴重な低価格大型マウス、「握りの極み」だけど被せ持ち向き
J・マクリーンのasとD・バードのtpの掛け合いが面白いです!!
鬼リピ
魅力あるレシピが少ない。
ダメ
押し心地に左右差がある?
介護業界の苦手分野をフォローしてくれる本!
たぶんこれ以上にわかりやすい本はないと思う。
初HTML5入門者の感想
ちょっと短い
使い勝手はとても良い。が、
まごに購入しました
ネット放送に便利な最安機材
すぐにビーズが消費されるとレビューされていたので
人柄でなく「行動」を変える
使い勝手ヨシ!
安いのに見た目も良い
改訂版にされたのは良いが・・・
数学の苦手な中学生に、まず分数の量的イメージを持たせることに成功!
文句なし☆
ワイド側で使えば問題ない
必要?
最悪、買ってはいけません。
実用精度は無かった
特にありません!!
風味を丁寧に仕上げるには良い
視覚的でわかり易い
歩行拷問器具か(゚д゚lll)
バランスが悪い。
心配していたけれど・・・
戻る