英語学を志す学生さんにも、プラスαを望む社会人のかたにもおすすめです
学生向けの英語学入門書として、
非常にわかりやすくコンパクトにまとめられた本です。
章立ては全部で25ですが、
大まかに分けると「言語学のイントロ(1,2章)」「英語学大づかみ(主に歴史の面で:3〜7章)」「音声学、
文体論、
意味論、
語用論イントロ(8〜20章)」「コミュニケーション、
文化(21,22章)」「社会言語学イントロ(23,24章)」「日本での英語教授法(25章)」の6つのパートで成り立っています。


英語は「とっつきやすくて上達しにくい」との指摘も多々ある言語です。
なぜ簡単そうで複雑なのか、
それを歴史的に解き明かしてくれる3〜7章は秀逸です。
語り口も平易なので、
英語学を志す学生さんはもちろんのこと、
英語が必要だけどつまずきがちの社会人のかたにも読んでいただきたいと思います。
これを読んだからといって英語が上達するわけではありませんが、
語彙の多様性から発音の変化などを歴史的にみることによって、
勘や丸おぼえだけで乗り切っていた英語の知識に厚みがつきます(ある種の開き直りも?)ハンドブック的に持っておかれても非常に役立つ1冊です。


学術文献の一覧表も充実しているので、
「英語が好き」というよりも「言葉が好き」というかたに大いに利用できる本だと思います。
学生さんはもちろん、
この本を足がかりに大いに勉強していただきたいですし、
「実務+α」を望む社会人には英語の奥をより楽しんでほしいという観点でも、
文句なくこの評価としたいと思います。
はじめての英語学 〈改訂版〉

その他の感想

何故こんなに敷居を高くしたのか解らない
インク切れはいただけない
5巻まで読みました
次作にも期待したい
美味しいです★
見やすさと情報量のバランスが非常に良い
ピアノ教室での予備用として購入
HEMPだけど涼しくはない
旨い物は旨いのです!
効き目抜群!
ポピュラーピアノとしては良い
安いので購入しましたが・・・・・
不具合多し
各国のレコードを聞きまくりで紹介!意外な国のプレスが結構、面白いみたいです…
深いわりに読みやすい
稀に見るサイズ
個体差?目立つ場所に残念さが・・・
惜しい!!
これはとんでもないMGガンプラだ!
一生できるゲーム
カヤックにはちょうど良いかな。
娘のスマホ(507SH)の増設用ストレージとして購入しました。
大定番には理由があります
冷蔵庫用米びつ容器
縁になぜ色つきの糸を使うの・・?
NISTのライブラリで読みました。
かなりかわいい!!
トピックは秀逸だが内容は浅い
雨の日が待ち遠しいです。
縫いが雑だ。。
戻る